新潟をeスポーツの街に。プロゲーマー社員が思い描く地方活性化への道。

2020.03.17 Tue

新潟をeスポーツの街に

eスポーツというジャンルはビジネスとして大きな可能性があると昨今よく言われていますが、私はビジネスとしてだけでなく、地方創生・地域活性化の起爆剤にもなりうるものだと思っていました。
5Gなどの技術が発達すればするほど、eスポーツやゲームというジャンルは「場所を問わない」ものになります。場所を問わないということは地方がリーダーになれる可能性も十分あるわけです。
私は新潟を「eスポーツの街」にしたいと思っています。

そのためには、ゲームをやらない人や知らない人に、知る機会を持ってもらう必要があります。簡単ではないと思いますが、今後試行錯誤して、地道にeスポーツやゲームの楽しさを伝えていくことができればと日々努力していきたいと思います。

近い将来、新潟で大規模なeスポーツのイベントを開催したいですね。


農頭恭平(のうがしら きょうへい)
JeSU公認プロゲーマー
ウイニングイレブン2020日本代表
karaage名義でプロゲーマーとして活動。プレイヤーとしてだけでなく各メディアや大会、イベントで解説を行うなどeスポーツの普及のためにも精力的に活動している。

株式会社アイ・シー・オー
「スポーツ」「文化」「若者」のコンテンツパワーで地域活性化を支援。
教育、スポーツ、祭りほかさまざまなシーンで広報、集客、マーケティング・リサーチなどに関わるサービスを提供する総合広告代理店。http://www.ico-ad.co.jp/
新潟市中央区米山2-7-4ITPケヤキビル3F
TEL:025-246-5000

この記事に関するNSGグループの取り組みはこちら

シェア