【新潟デザイン専門学校】ポスターで薬物乱用防止 7年連続で新潟県警察本部が使用する啓発用ポスターを制作

2021.01.20 Wed

NSGグループの新潟デザイン専門学校の学生が、この度 新潟県警察本部が薬物乱用の防止を呼び掛けるポスターに使うデザインを制作しました。今年で7回目のコラボレーション企画となり、幅広い年齢層に対して認知してもらえるよう県警と連携をして制作をしています。

新潟デザイン専門学校からは4点のポスターが採用。新潟デザイン専門学校2年の青柳満ちるさんは、家庭を支える父親が薬物の闇に手を染めようとする姿をテーマにした。妻と息子が心配そうな表情で父親を見つめ『振り返ってください』とのメッセージを添えました。

啓発ポスターやチラシは2021年2月下旬から新潟県内の学校、駅、ショッピングモールなど新潟県内各所に配布・掲示されます。県警によると、今年1~11月に新潟県内で大麻の所持などで摘発した67人のうち、9割が10~30代。このポスターをきっかけに一人でも多くの薬物使用者が減ることを期待しています。

 

                               <詳細>

NO DRUG 薬物防止ポスターデザイン

クライアント:新潟県警察本部

制作:グラフィックデザイン科 青柳 満ちる 北越高校出身

 

制作:グラフィックデザイン科 五十嵐充己 糸魚川白嶺高校出身

制作:グラフィックデザイン科 宇佐美有希 新潟商業高校出身

制作:グラフィックデザイン科 NGUYEN MINH TRI ベトナム出身

 

 

当校は、産学連携プロジェクトに力をいれており、学生時代から企業とのスペシャルコラボ商品を世の中に輩出しております。過去にはグッドデザイン賞を受賞するなど企業のみならず、高い評価を受けております。

今後も当校では地方から全国で活躍できる人材を輩出すべく多くの企業とコラボをし、新潟のデザイン力の向上・発信に努めてまいります。

 

 

つきましては、何卒貴媒体でも取り上げていただきたく、ここにご案内する次第です。

なお、この件についてのお問合せは、下記までお願い致します。

学校法人 国際総合学園

新潟デザイン専門学校

所在地: 新潟県新潟市中央区長潟2-1-4    TEL:025-287-3383

担当者名:関塚 堅斗   URL: https://ncadnet.jp/

この記事に関するNSGグループの取り組みはこちら

シェア