新潟脳外科病院~2019年4月よりサイバーナイフ治療を開始~

2019.02.7 Thu

医療法人 泰庸会が運営する新潟脳外科病院は、同院本館に隣接する「サイバーナイフ棟」を新設し、2019年4月より新潟県唯一のサイバーナイフ設置施設として定位放射線治療を開始いたします。

「サイバーナイフ」とは
サイバーナイフ(サイバーナイフシステム、ACCURAY社製)は、ロボットアームに軽量の小型直線加速器を搭載して、高線量を1ミリメートル未満の誤差精度で照射することができる最先端の放射線治療システムです。
独自のロボット機動性により、一般的な放射線治療装置と比べ多くの方向からピンポイントで照射が実行でき、複雑な形状をした腫瘍でも高い照射精度により病変部周辺にある正常細胞や視神経など重要な組織への影響を最小限にとどめ、安全な治療が実現できます。
また、治療中に患者さんが動いてしまっても、自動的に照射点を補正・追尾、あるいは照射を中断するなど何重もの安全対策が施されています。

この記事に関するNSGグループの取り組みはこちら

シェア