新潟脳外科病院~2019年4月よりサイバーナイフ治療を開始~

2019.02.7 Thu

医療法人 泰庸会が運営する新潟脳外科病院は、同院本館に隣接する「サイバーナイフ棟」を新設し、2019年4月より新潟県唯一のサイバーナイフ設置施設として定位放射線治療を開始いたします。

「サイバーナイフ」とは
サイバーナイフ(サイバーナイフシステム、ACCURAY社製)は、ロボットアームに軽量の小型直線加速器を搭載して、高線量を1ミリメートル未満の誤差精度で照射することができる最先端の放射線治療システムです。
独自のロボット機動性により、一般的な放射線治療装置と比べ多くの方向からピンポイントで照射が実行でき、複雑な形状をした腫瘍でも高い照射精度により病変部周辺にある正常細胞や視神経など重要な組織への影響を最小限にとどめ、安全な治療が実現できます。
また、治療中に患者さんが動いてしまっても、自動的に照射点を補正・追尾、あるいは照射を中断するなど何重もの安全対策が施されています。

サイバーナイフ治療について
主に頭部(頭蓋内)に発生する比較的小さい良・悪性腫瘍が対象となりますが、判断の難しい症例については、治療の適応判断、放射線治療計画について経験豊富な新潟大学病院の放射線治療医や脳神経外科医と連携して行います。
また、十分な臨床研修を積んだ認定医学物理士による徹底した精度管理を行います。

サイバーナイフ治療の費用について
同科で行う治療は原則保険診療ですので、高額療養費制度も適用となります。
負担額は自己負担割合等によっても異なりますので、詳細は来院時にお尋ねください。
サイバーナイフ治療を受けたい、詳細を聞きたいという方は同院相談窓口までお問い合わせください。

 

同院は最新鋭の治療設備を導入することで、患者様の治療の選択肢を広げるとともに、今後も質の高い医療の提供に努めてまいります。

医療法人 泰庸会 新潟脳外科病院
新潟市西区山田3057番地
電話:025-231-5111(代表)
ホームページ:http://niigata-nogeka.or.jp/

 

この記事に関するNSGグループの取り組みはこちら

シェア