日本のマンガを世界へ発信!海賊版が横行する業界の課題も同時に解決する新サービス

2020.01.31 Fri

今後の展開

現状マンガプラネットの利用者はフィリピンやインドネシアなど東南アジア諸国の人々が中心になっています。マンガプラネットは定額固定の料金体系を採用しているのですが、ユーザーが10代後半~20代にかけての若者が中心であることも影響して、クレジットカードの保有率が低かったり、その国特有の決済方法などがあったり、サービスを利用したくてもできないファンがまだまだたくさんいます。
決済方法を多様化することが今後の課題であると捉えています。

また、当然ではありますが、掲載作品を増やすことが今取り組んでいる重要なテーマですね。まだ正直、多くの読者に満足してもらえるレベルには作品の種類、数も足りず、多勢の読者が読みたいと思うような人気作品もたくさん揃えられているという状況ではありません。いくら日本のマンガが人気とはいえ、読者の好みがありますので。
作品の掲載許諾を得るのが非常に大変です。また、日本語と英語の表現方法や文化の違いなども考慮した翻訳が必要なので、そういった作業にも時間がかかってしまっています。海賊版は翻訳もずさんなことが多いですから正規版としてそこはこだわっています。
また、NSGカレッジリーグの日本アニメマンガ専門学校の卒業生の作家さんなどに協力してもらい、ここでしか読めないマンガプラネットオリジナル作品も公開する取り組みなども行っています。
マンガプラネットで人気が出て、それをきっかけにコミック誌などで連載が始まるというパターンも今後あるかもしれません。

JAMの卒業生による作品を配信

 

日本のマンガを正規のルートで世界の皆さんに読んでもらえるよう、今後もサービスをより良くしていけるよう、取り組んでいきたいと思います。

 

Manga Planet(マンガプラネット)
https://read.mangaplanet.com/

株式会社ファンタジスタ
ゲーム、アニメ、遊技機等のCG映像や、電子書籍、スマホアプリ、VR/AR等デジタルコンテンツの企画、開発を手掛ける。
〒951-8131 新潟市中央区白山浦2-1-28 ITP白山浦ビル2F
TEL 025-234-3421

この記事に関するNSGグループの取り組みはこちら

シェア