ホテルイタリア軒 明治から続く「日本三大洋食軒」の味、受け継がれる伝統。 この秋、復刻メニューが登場。

2020.09.17 Thu

NSGグループの株式会社イタリア軒では、この度、昭和初期の西洋料理を当時の貴重なレシピで再現した、復刻洋食フェアを開催。月替わりで当時の懐かしい人気メニューが登場する。 コロナ禍の厳しい時代のなか、洋食三軒として脈々と受け継がれてきた伝統の味は、また次の世代へと継承されてゆく。

 

『イタリア軒の復刻洋食フェア』
期間:2020年10月1日(木)~11月30日(月)
イタリア軒の創業は明治7年(1874年)開港で活気づく新潟にやって来た、曲馬団の賄い方だったピエトロ・ミリオーレが興行中に病に倒れ、帰国できなくなったために、県令の援助を受けて開いた日本初のイタリア料理(西洋料理)店がはじまり。昭和51年には、現在のホテルが西堀通りにオープンし、最先端の国際ホテルとして隆盛を極めた。近年では、大手デパートの相次ぐ閉店や商業ビルの閉鎖など、中心繁華街の空洞化がますます加速している。今回のフェアを通じて、当時の新潟に思いを馳せてもらうきっかけとなり、昭和を懐かしむ世代から若者まで、あらゆる世代の方に新潟の歴史、洋食の歴史を再認識していただきたい。との思いが詰まっています。そして、この厳しい時代において、シェフの世代交代、伝統の継承という取り組みも兼ねたフェアとなっています。

中央上「ハヤシライス」下「クラシックチキンカレー」
右上から時計回りに「ビーフコロッケ」、「ジャーマンビーフ」、「チキンシチュー」

 

<復刻メニューの一例> 1,200円~

◆復刻ジャーマンビーフ
挽肉と卵をココットに詰め焼き上げた料理です。
半熟卵とソースが絡み相性抜群。

◆復刻チキンシチュー
越の鶏腿肉とマカロニをベシャメルソースで煮込みチーズと共に焼き上げました。

◆復刻ベークドフィッシュ
本日のお魚をムニエルにし焦がしバターソースと合わせました
(仕入れ状況によりお魚は変わります)

◆復刻ビーフコロッケ
角切りにした牛肉をクリームソースと合わせた上品なコロッケです。

 

<プレスリリースに関するお問い合わせ>

担当部署:経営企画室   
担当者名:野口 篤史
TEL:025-224-5286   
FAX:025-224-5142 
e-mail:noguchi@italiaken.com
URL:http://www.italiaken.com/

 

シェア