春の薬膳料理解説&賞味会をホテルイタリア軒で開催 ~中医学の薬膳を専門家監修の元、中国料理店で提供~

2021.03.24 Wed

NSGグループのホテルイタリア軒の中国料理 囍園(シーエン)では、国際薬膳食育師の髙津もろみ先生が監修する「春の薬膳」が味わえるコースを提供中です。また、季節や体調に合わせた薬膳料理の効能、食材から調理方法の解説をききながら実食できるイベント「薬膳料理賞味会」も4月17日に開催します。

 

春の季節の変わり目や環境の変化、コロナ禍のストレスなどでの体調不良が気になる方々に向け、体の中から整える「春の薬膳」を4月30日までホテルイタリア軒の中国料理SHI-ENでランチ(3,600円)とディナー(8,500円)で提供中です。

「春の薬膳」では、賢を補益し、血を補う「エビと湯葉と金針菜の炒め」など体への効能を考えたメニューが盛り込まれたランチ6品、ディナー8品が提供されています。カラダと心を整える薬膳を髙津もろみ先生監修の元、中国料理SHI-ENの料理長関優也が手がけた、美味しく楽しめるメニューとなっています。

 

薬膳を学び食す特別イベントも開催

 

4月17日には特別イベントとして「薬膳料理賞味会」を昼の部(4,500円、12時~)、夜の部(8,500円、18時~)、定員はそれぞれ30名で開催します。薬膳茶を飲みながら、「カラダ目覚める春の薬膳~心を労わる~」に添った講話と、薬膳料理の食材や薬味がもたらす体や心への効用を食事の前半と後半で解説していきます。


担当部署:経営企画室   
担当者名:野口 篤史
URL:http://www.italiaken.com/

<プレスリリースに関するお問い合わせ>

TEL:025-224-5286   
FAX:025-224-5142 
e-mail:noguchi@italiaken.com

 

 

 

 

この記事に関するNSGグループの取り組みはこちら

シェア