東京を経験したからこそ見えたことがある。いつか新潟を“みんなが戻ってきたいと思える街”に

2018.11.28 Wed

新潟の魅力を広く伝えていきたい

ビジネスでは顧客の視点も求められますよね。俺が俺が、ではなく、相手の立場、相手の視点に立つことが必要です。自分の視点と顧客視点、両方を持っているといいものが作れると思うんです。
自分についていえば、一度東京に出て戻ってきたということが、一つの強みにもなっていると思います。以前は、新潟って何もない、人が少ない、遊ぶ場所がないと思っていましたが、今は、逆にそれが魅力だとも思っています。静かで落ち着いている、自然が豊かで車で30分とか1時間圏内に、それぞれのサードポイントを見つけられる。海、山、川、温泉……自然って決して人工では造形できない魅力を持っているじゃないですか。そこで個々思い思いに憩いの場を持てる、しかもそれが首都圏での通勤圏内くらいの場所にある。
もちろん、食べ物がおいしいとか、新潟のいいところは他にもあると思いますが、新潟から出て行った人がいつかは必ず戻ってきたくなるような場所にしたいし、それをアピールしていきたいですね。

自宅で飼っているオスのトイプードル「ゴン」。日々の癒しを与えてくれる

 

「30歳までに起業」が目標

孟子の「三十而立」ではないけれど、30歳までに起業することが今の僕の目標です。どういう事業を起こすか、というのはまだ決まっていませんが、学んで深めていきたいと思っています。理想ですが、仕事とプライベートの隔てがなくつながっていけるようなスタイルに憧れます。趣味と仕事がイコールになったらいいな、とか。
例えば、新潟の魅力を広くアピールしていく、これって、仕事レベルでもできることじゃん!? と思っているんです。自分の仕事が新潟の発展に繋がる、新潟のためになるとしたら、最高ですね。

佐藤亮太(さとう・りょうた)
1994年新潟市秋葉区小須戸生まれ。明訓高校、明治学院大学経済学部経営学科卒業。2018年、NSGグループ新卒採用「経営者養成コース」にエントリーして入社。現在、広告代理店の株式会社アイ・シー・オーで新潟営業部に所属、イベントを中心にさまざまなプロモーション業務に携わり、研さんを積んでいる。

株式会社アイ・シー・オー
1987年、イベント・コンベンション運営会社の(株)インターナショナル・コンベンション・オーガナイザーとして会社設立。1990年、総合広告代理店として事業転換、(株)アイ・シー・オーに社名変更。新潟本社のほか東京・郡山に営業所あり。