簿記・電卓の全国大会で優勝実績ナンバーワン! 「NABIの強さを伝統として繋いでいきたい」

2018.10.31 Wed

今年で開校22年目となるNABI新潟会計ビジネス専門学校。学生たちは、事務・経理・税理士・公認会計士など会計のスペシャリストを目指して、日々学んでいます。

9月に東京で開催された第33回「全国簿記電卓競技大会」で、同校は地方予選を勝ち抜き、本選にて簿記団体競技部門優勝、電卓団体競技部門は準優勝、さらに簿記個人総合競技でも2年生の青栁大弥さんが8年振り個人優勝という成績を収めました。

実は同校、この大会の優勝常連校。簿記団体競技部門での優勝回数は通算15回、電卓団体競技部門での優勝18回と、いずれも日本一の実績を上げています。

その強さの秘訣、NABIでの学びについて、大会の指導担当であり簿記部顧問の鈴木隆志先生に話を聞きました。

大会に向けた指導や、簿記クラスなどを担当する鈴木隆志先生

この記事に関するNSGグループの取り組みはこちら

シェア