組織と人を繋ぐ仕事で新潟の発展に貢献するためにUターンを決意

2020.01.3 Fri

時代によって変化する組織と人の関係

最近は働き方改革など組織と人の関係が大きく時代に合わせて変化してきたと感じています。
ITシステムの進化などで、仕事の仕方が変わったり、便利になったりする部分は多いと思いますが、それでも組織の核は「人財」であることに変わりはないと思っています。
だからこそ組織がうまく機能するためには、人財一人一人が一番活躍できる場や環境にいてもらうことが、最も組織と人が良い関係性を保てる状態なのだと思います。
時代に合わせて企業のルールや文化を変える舵は、組織が大きいほど重くなりがちだと思います。しかし、NSGグループは新潟という地方都市で社会の変化をリードしていける可能性を持った企業グループだと私は考えています。
だからこそ、私は時代や環境に合わせた働き方ができるよう尽力し、NSGグループが新潟をリードする存在になる原動力になりたいと思っています。
そしてそれが、Uターンを決意したときに思った、「地元新潟の発展」に繋がっていくと信じています。


【学校法人 新潟総合学院 開志専門職大学】

開志専門職大学は、経済・経営・商学・マーケティングの最先端ビジネスを学ぶ事業創造学部/事業創造学科、情報学・情報通信工学・統計科学の最先端技術を学ぶ情報学部/情報学科の2学部を設置予定です。

新潟市の中心地に2キャンパスで2020年4月開学
事業創造学部/紫竹山キャンパス
アクセス:JR新潟駅南口より徒歩25分/バス6分
情報学部/米山キャンパス
アクセス:JR新潟駅西口より徒歩3分

〒950-0914 新潟県新潟市中央区紫竹山6-3-5
理事長:池田 祥護
URL:https://www.kaishi-pu.ac.jp
TEL:025-240-8118

<プロフィール>

開志専門職大学設置準備室
水嶋将之(みずしま・まさゆき)

金融系の会社で東京・京都で働き、UターンでNSGグループに入社。
入社後、人事に関わる部署で10年ほど勤務したのち2019年6月に開志職大学設置準備室に異動し、学科新設などの業務に携わっている。
NSGグループ40周年記念行事の実行委員会副委員長などNSGグループに関連する活動にも積極的に参加している。
また、新潟の活性化を目指す20~30代の若者の会である「にいがた未来塾」の事務局長を務めていた。

 

この記事に関するNSGグループの取り組みはこちら

シェア