若者の選挙への関心を高めたい! 参議院議員選挙の期日前投票にJAPANサッカーカレッジの 18歳の高校生から専門学校生まで、約50名が投票予定! 学校からバスを出して投票所へ

2019.07.5 Fri

全国唯一のサッカー総合専門学校「JAPANサッカーカレッジ」では、7月21日(日)におこなわれる参議院議員選挙における期日前投票に、学校よりバスを出して投票に行きます。
若者の投票率の向上と、政治に関心をもってもらう大きな機会になるかと思います。

同校の在校生は、県外からの入学者比率が高く、校舎のある新潟県聖籠町に住民票がある学生・生徒の中で有権者も数多くいます。
若い有権者に少しでも政治に関心を持ってもらうため、投票前に事前研修を行い、選挙に参加する準備から行います。
学生には学校教育だけでなく、地域社会との関わり合いも学ぶ良い機会だととらえ、今後も地域自治体との取組みを強化していきます。

期日:7月9日(火)
場所:聖籠町役場 期日前投票所

 

【JAPANサッカーカレッジについて】
2002年サッカー日韓ワールドカップの年に開校し、サッカー選手、トレーナー、マネージャー、フロントスタッフなどを育成する学校として誕生。2005年には、高等部を設置し、高校生年代の受け入れも行っている。2019年度現在Jリーグ55クラブ中49クラブに卒業生165名が働いており、サッカー業界に広く人材を輩出しています。

本件に関するお問い合わせ:JAPANサッカーカレッジ
担当 中村
TEL 0254-32-5357

この記事に関するNSGグループの取り組みはこちら

シェア