若者の選挙への関心を高めたい! 衆議院議員選挙の期日前投票にJAPANサッカーカレッジの 18歳の高校生から専門学校生まで、約60名が投票予定 。学校からバスを出して投票所に向かいます。

全国唯一のサッカー総合専門学校「JAPANサッカーカレッジ」では、10月31日におこなわれる衆議院議員選挙における期日前投票に、学校よりバスを出して投票に行きます。

若者の投票率の向上と、政治に関心をもってもらう大きな機会になるかと思います。

 

当校の在校生は、県外からの入学者比率が高く、校舎のある新潟県聖籠町に住民票がある学生・生徒の中で有権者も数多くいます。公職選挙法改正に伴い、18歳の高校生も投票いたします。若い有権者に少しでも政治に関心を持ってもらうため、投票前に事前研修を行い、選挙に参加する準備から行います。学生には学校教育だけでなく、地域社会との関わり合いも学ぶ良い機会だととらえ、今後も地域自治体との取組みを強化していきます。

 

期日:10月21日(木)14:30~15:30頃 約20名

    10月22日(金)14:30~15:30頃 約20名

    10月27日(水)16:00~17:00頃 約20名

場所:聖籠町役場 期日前投票所

※三密を避けるため3回に分けて、期日前投票をおこないます。

 

【JAPANサッカーカレッジについて】

当校は、2002年サッカー日韓ワールドカップの年に開校し、サッカー選手、トレーナー、マネージャー、フロントスタッフなどを育成する学校として誕生しました。今年で16年になります。2005年には、高等部を設置し、高校生年代の受け入れも行っています。2021年度現在Jリーグ57クラブ中54クラブに卒業生215名が働いており、サッカー業界に広く人材を輩出しています。

※当日の状況に応じ、日時が変更になる可能性がございます。

本件に関するお問い合わせ:JAPANサッカーカレッジ 
担当 中村 
TEL 0254-32-535

この記事に関するNSGグループの取り組みはこちら