英語を通じて世界を学ぼう! 英会話レッスンにサンタさんが登場

2017.12.21 Thu

今年で開校18年目を迎える英会話スクール「イリノイアカデミー」。胎内校、新発田校、聖籠校、豊栄校では、現在780名を超える園児から小・中・高校そして社会人の生徒さんたちが、英語を楽しく学んでいます。2018年春には新潟校が開校する予定。クリスマスシーズンを迎えた教室で、日々、工夫を凝らしているスタッフの取り組みと、生徒・父兄の声を聴きました。

外国人と日本人のダブル担任制で、「読む・「書く」「話す」「聞く」の4技能を養成。18年の実績をもとに作られた独自のカリキュラムは、英語劇、日本文化発表会、ペンパル交流などオリジナルプログラムが豊富で、楽しい英語イベントも盛りだくさん。

 

 

子どもから大人までやる気と好奇心を刺激!
目指すは「世界が広がる楽しい英語」

クリスマスも近づき、教室には華やかなツリーが飾られています。12月19日以降のレッスンにはスタッフがサンタクロースの帽子を被って登場。「“世界が広がる楽しい英語”教育を目指し、より多くの方々に英語を学ぶ楽しさや、英語が身に付くことで新しい世界が見えてくることを知ってほしい」と、日々カリキュラム、レッスン、指導方法等の研究を重ねている同スクール。クリスマスには、クリスマスにちなんだ英単語やクリスマスソング、絵本なども紹介します。クリスマスイブにはクリスマスプレゼント抽選会も実施。
クリスマスはもちろん、ハロウィーン、サマーキャンプ、サマーフェスティバルなど、英語文化イベントもすっかり恒例となり、毎年、盛り上がりを見せています。

小さな子供たちのクラスは、遊びと学びが混然一体となったかのような雰囲気ですが、指示を受けて教わるというよりは、自ら興味を持って学んでいる姿が印象的。「英語教育を通じて子供たちの成長を手助けし、未来への可能性を育てられたら…」と、スタッフが労を惜しまず、日々、カリキュラムやレッスンの研究を重ねているからでしょう。

クリスマス・シーズンの授業では、教材や会話にもクリスマスゆかりのものを取り入れています。

シェア