財務面でグループの事業・起業を支えたいとIターン 掲げるテーマは「いつかグループの番頭に!」

2019.05.30 Thu

専門職大学の開学に向けて奮闘中!
「いつかはNSGの番頭に!」という意気込みで
入社当初は専門学校群の経理や財務を中心に担当していました。それまで扱ってきた一般企業と学校法人は勝手が違い、最初は戸惑うこともありましたが、支えてくれる部内のメンバーや現場の方々と相談を重ねながら事業計画の作成や申請事を進めていました。部門長をはじめ現場の方々は経営面以外にも学生募集など取り組むべき業務が沢山あるので、皆さんがそっちに注力できるよう、財務面はしっかり任せてもらえる存在になりたいと思っていましたね。
以前からプロジェクトメンバーには入っていたのですが、今年4月からは開志専門職大学(仮称・設置認可申請中)の設置準備室に異動になり、2020年4月の開学に向けて財務面を担当させてもらっています。設置準備室は現在約20名なのですが、目が本気の熱いメンバー揃いです。まずは来年の開学という一つのゴールに向けて、私は与えられた役割を全うしていきたいと思います。入学を希望している学生さんの将来の道を、メンバー全員で拓いていきたいですね。
そしていつかは「NSGグループの番頭に!」が私のテーマです。
起業をサポートしているグループだからこそ、財務面で支え、新潟発の新規企業の誕生に携われたらと思います。
そのためにはまず「山本だったら、安心して任せられる」「財務といったら山本」。
そんな存在になれることを目指して、日々前に進んでいきたいと思います!


山本俊介(やまもと・しゅんすけ)
滋賀県出身。京都産業大学経営学部を卒業後、京都府内にある老舗の和装卸売会社に入社。財務課で約10年間本社・支社の財務経理を担当。その後、関東の財務コンサルティング会社に転職し、中小企業を中心にクライアントの財務管理を務めた。2017年、NSGグループ入社とともにIターン。学校法人で専門学校の財務管理、事業計画作成等に携わり、2019年4月より開志専門職大学設置準備室へ。2020年4月の開学に向けて、財務面での計画管理を担当している。

 

この記事に関するNSGグループの取り組みはこちら

シェア