開志国際高等学校【胎内市特別支援】村上牛を使った「ビーフストロガノフ」をコロナで帰省できない寮生に提供

2021.10.15 Fri 関連タグ: #教育#高校

NSGグループの開志国際高等学校では、地元胎内市様より特別支援でいただいたブランド牛「村上牛」70kgをコロナ禍で帰省できない寮生に提供いたしました。

特別食「ビーフストロガノフ」特別食「ビーフストロガノフ」

胎内市様よりコロナ禍で帰省が従来のようにできない寮生に、食材で支援をしたいというありがたいお申し出をいただき、村上牛70kgをご提供いただきました。10月14日(木)夕食にこちらの食材を使った「ビーフストロガノフ」を提供しました。

【実施概要】
■日時:10月14日(木)18:30~
■場所:開志国際高等学校 3号館 食堂
■提供対象:開志国際高等学校 寮生
■特別食:村上牛70kgをふんだんに使った贅沢な「ビーフストロガノフ」

当校では、ほとんどの生徒が寮生活を送っています。
コロナ禍で帰省も満足にできず、寂しい思いを抱えながら、それぞれの夢に向かって頑張る生徒たちをおいしい村上牛でご支援いただき誠に感謝しております。
特別なメニューに、生徒たちも嬉しそうな様子でたくさんおかわりをしていました。
このご支援を糧に、勉強・部活動においてより一層精進して参ります。

開志国際高等学校
URL: https://kaishi-kokusai.ed.jp/
所在地:新潟県胎内市長橋上439-1
代表者:工藤 彰範

所在地:新潟県胎内市長橋上439-1  URL: https://kaishi-kokusai.ed.jp/

代表者:工藤 彰範

<プレスリリースに関するお問合せ>

事務局・志田真文
Tel: 0254-44-3330
Email: shida.masafumi@nsg.gr.jp

関連タグ: #教育#高校

この記事に関するNSGグループの取り組みはこちら