開志学園高等学校 女子硬式野球部  創部8年目、悲願の初優勝!

新型コロナウイルスの影響で、全国大会の春大会(選抜大会)、夏大会(選手権大会)、ヴィーナスリーグなど、全ての大会が中止となりましたが、そんな中、日々、練習に精を出していました。そこへ吉報が飛び込んできました。


NSGグループの一員である 開志学園高等学校 女子硬式野球部は、今年開催することができなかったヴィーナスリーグの代替として企画された「KWBF高等学校女子硬式野球大会(関東女子硬式野球連盟主催)」において、創部8年目で悲願の初優勝を果たしました!

指導者陣は、自らが甲子園出場経験もあり、現役のプロ野球選手を弟に持つ 漆原大夢 監督。本校女子硬式野球部の一期生で、今年度より社会科教諭として母校に赴任した柏倉悠起奈コーチ。4年前、女子硬式野球部を日本一のチームにしたいと管理職に直談判し、年度途中で部長に就任、生徒のよき相談相手で涙もろい山岸佳部長の3名体制。

日本一を目指して、全国各地から集まった本校女子硬式野球部の生徒は総勢38名。大半の生徒が親元を離れ、寮生活を送っています。(新潟7名、東京12名、神奈川7名、埼玉2名、栃木1名、山梨1名、長野2名、宮城1名、秋田3名、青森1名、滋賀1名)。

キャプテンは、青森県出身の髙嶋莉鈴(3年生)。
現3年生は、漆原監督が就任して、自ら初めてスカウト活動を行って集まってくれた生徒たちであり、今年で完成年度を迎えました。

 昨年の夏の全国大会(選手権大会)は2回戦で敗退し、悔し涙を流した現2、3年生。新チームで臨んだ全国ユース大会においても初戦敗退。現3年生の思いを背負って臨んだ現2年生のみが参加できるU16チャレンジマッチトーナメントにおいても決勝進出は叶いませんでした。


その後、キャプテンの髙嶋を中心に生徒たちが自らミーティングを重ね、生活面、学習面も含めてそれぞれが改めて自己を見直すことで、より高い意識づくりと新たなチーム作りを図り、冬の厳しいトレーニングに励んできました。

シェア