開志学園JAPANサッカーカレッジ高等部より今年度3人目のプロ契約選手誕生! 杉山颯汰選手がシンガポール・プレミアリーグ3連覇中の アルビレックス新潟シンガポールへ入団内定!

2018.08.6 Mon

開志学園JAPANサッカーカレッジ高等部3年生の杉山颯汰(すぎやま・そうた)選手が、2019年シーズンよりシンガポール・プレミアリーグ(シンガポール1部)のアルビレックス新潟シンガポールへ加入することが決定いたしました。

同校としてはJリーグ・アルビレックス新潟への加入が決まっている本間至恩選手、岡本將成選手に続く、今年度3人目のプロ契約内定選手となります。

■杉山 颯汰(すぎやま そうた)選手プロフィール
・生年月日:2000年11月7日
・出身地:愛知県
・ポジション:DF
・利き足:左
・身長/体重:180㎝/67㎏
・経歴:長久手SSS→長久手市立南中学校→開志学園JAPANサッカーカレッジ高等部
・選抜歴:2017国際ユースサッカーin新潟 新潟県選抜
・プレーの特徴:
俊足を生かしたカバーリングと左足からのビルドアップ能力
身体能力を生かした1対1の対人プレー

 

■杉山 颯汰選手 コメント
「開志学園JAPANサッカーカレッジ高等部で築いたつながりや、学んだ事は今後のサッカー人生の中でとても貴重な事ばかりでした。この学校で出会った仲間、スタッフ、支えてくれた皆様に感謝する事を決して忘れずにアルビレックス新潟シンガポールで頑張ってきたいと思います。応援よろしくお願い致します。」

 

■開志学園JAPANサッカーカレッジ高等部 宮本 文博監督 コメント
「チームの絶対的な中心選手とはいえ、全く無名の選手が開志学園JAPANサッカーカレッジ高等部に入学し、3年間の絶え間ない努力と強い意識で栄光をつかんでくれました。
この度、アルビレックス新潟シンガポールから内定をいただいたことで、彼自身もこれまで以上に成長してくれることと期待しています。御家族や仲間、お世話になった方々への感謝の気持ち、そして今まで以上の謙虚な姿勢を忘れることなく、堂々と海外でも活躍し、後輩たちの希望と誇れる存在となってくれることを確信しています。」

 

■開志学園JAPANサッカーカレッジ高等部 概要
2005(平成17)年設立。Jリーグ・アルビレックス新潟と連携した育成組織として、プロと近い環境でプロ同等以上のトレーニング施設と、単位制・通信制の開志学園高等学校との連携による効果的な学習環境でエリート教育を実施している。海外クラブ、留学機関との提携を通じて海外クラブや米国大学への契約や特待生進学をサポート。サッカーを通した人間教育とグローバル教育により、世界で活躍できる人材の育成を目指している。

開志学園JAPANサッカーカレッジ高等部 公式サイト
http://cups-y.com/

【本件に関するお問い合わせ】
開志学園JAPANサッカーカレッジ高等部 担当 中村、近江 
新潟県北蒲原郡聖籠町網代浜925-1
TEL:0254-32-5357  FAX:0254-32-5358
E-mail:cups@nsg.gr.jp  
URL:http://cupsnet.com/ http://cups-y.com/

シェア