FSGカレッジリーグが「ドローン人材育成プロジェクト」をスタート

2017.07.12 Wed

 

福島県郡山市にある専門学校グループ「FSGカレッジリーグ」では、空の産業革命と呼ばれ、物流・災害救助・点検測量・観光振興・農業・映像利用など、様々な業界や地方公共団体等で活用が高まっているドローンについて、その知識や操作技術、活用方法を習得した人材の重要性を認識し、新たな人材育成プロジェクトをスタートさせます。
FSGカレッジリーグ専門課程5校60学科の中で、ドローン活用の社会・企業ニーズが高い分野8学科(公務員・観光・CG・グラフィック・情報・電気・放射線・救急救命)を選定し、基礎習得から応用までのオリジナルカリキュラムにて人材を育成し地域社会の人材養成と発展に貢献したいと考えている。このような人材教育は、職業教育を掲げる全国の教育機関でも先駆的な取り組みです。

今年度は111人が履修予定 7月下旬からカリキュラムスタート

専門学校グループ「FSGカレッジリーグ」は、「国際ビジネス公務員大学校(JO―BI)」、「国際アート&デザイン大学校(A&D)」、「国際情報工科自動車大学校(WiZ)」、「国際医療看護福祉大学校(i―MEDICAL)」、「国際ビューティファッション・製菓大学校(bF)」、「FSG高等部」などを運営する職業教育機関です。
1984年に創設して以来、職業教育を実践し、資格取得やコンペ実績を築き上げ、地域活性化に貢献する職業人材の輩出に力を入れています。
FSGカレッジリーグは平成29年7月4日、国際医療看護福祉大学校ANNEX校舎内で、各校責任者や協力企業でもある株式会社スペースワン(小林康宏代表)や郡山ドローンパーク(植木美佳代表)など関係者が記者会見し、「ドローン人材育成プロジェクト」について発表しました。

 

 

 

ドローンはAI、IoTとともに、あらゆる産業分野で需要が高まっており、全国的、世界的な流れからもドローン人材育成のカリキュラム導入は、絶対的に必要だと考え、学校や専門分野の枠をこえ、一斉にドローンの教育カリキュラムを設定し、7月下旬から運用を始めます。該当する8学科に在籍する学生111人が、それぞれの専門領域に身を置きつつ、ドローン人材としての一歩を踏み出します。

シェア