NSG美術館では9月5日(土)より新潟市出身の洋画家、中野雅友氏の作品展 「アイヌ・ユーカラの世界」が開催となります。

2020.08.26 Wed

NSGグループが運営するNSG美術館では、2020年9月5日(土)より10月25日(日)まで中野雅友展 「アイヌ・ユーカラの世界」を開催いたします。アイヌの世界観に魅せられ50年以上にわたり一貫して描き続けられてきた渾身の作品群をぜひご鑑賞ください。


シャクシャインの風


ムックリの調べ


ユーカラ・メノコ


酋長


ユーカラ・トンコリー

 

「アイヌ・ユーカラの世界」

幼いころ中野雅友は北海道に住んでいた。そして自然界の動物や山川草木・石ころひとつの中に神が存在し自然の恵みそのものが神というアイヌの暮らしに魅せられ、苦難の道を歩んで来た民族の歴史と営みを描くことが生涯のテーマとなった。モチーフは偉大な酋長の姿であり、ムックリやトンコリーを奏でる母、彼らのまとう民族衣装や楽器、そして村を守る神フクロウの眼差し。キャンバスに描き出された作品は、悠久の歴史の旅を語るユーカラの世界である。

 

  • 中野雅友展 「アイヌ・ユーカラの世界」
  •  会期 2020年 9月5日 (土) ~ 10月25日 (日)

NSG美術館 
新潟県新潟市中央区西船見町5932番地561
電話/025-378-3773
ホームページ/http://www.nsg-artmuseum.jp/
開館時間/10:30~18:00(入館は17:30まで)

休館日/月曜日※祝日または振替休日が月曜日の場合はその翌日
観覧料/■個人■大人300円、専門学生・大学生200円、高校生以下無料

■団体(20名以上)■大人200円、専門学生・大学生100円、高校生以下無料
※学生は学生証の提示が必要
観覧料/■個人■大人300円、専門学生・大学生200円、高校生以下無料
■団体(20名以上)■大人200円、専門学生・大学生100円、高校生以下無料
※学生は学生証の提示が必要

 

 

この記事に関するNSGグループの取り組みはこちら

シェア