NSG美術館より、新進気鋭の若手画家が生まれ育った県北の風土に寄せる思い 6月27日(土)~「祈りを描く」板垣匠展を開催します。

2020.06.19 Fri

NSGグループが運営するNSG美術館では、2020年6月27日(土)より8月16日(日)まで「祈りを描く」板垣匠展 を開催いたします。新潟県村上市で生まれ育った画家板垣匠は、故郷の風景と人をモチーフに作品を描いてきました。悠久の時が育んだ山河の中で人々の営みを見つめる若き画家の目はどこまでも素直な優しさに溢れています。

  

千五百秋(ちいおあき)


山才童女


山笑ふ笹川流れ

 

 


瀧図

【板垣 匠 略歴】
1994年 新潟県村上市生まれ
2016年 日本アニメ・マンガ専門学校卒業
2015~2019年  個展(羊画廊)
他、新潟、東京で個展、グループ展等

 

【作家からのコメント】

僕は人や自然といったモチーフを描くことが多いです。
‪ 自然は、僕の出身地の新潟県村上市のものをよく描きます。山や岩、川や海、空や土。それら原初的なものを、この地に生まれた人たちが脈々と感じてきたと思うと、創作意欲が身体をキャンバスに向かわせます。
‪僕の作品を観た人には、なにか潜在する感覚のどこかに共感していただけたら幸せです。

◆「祈りを描く」板垣匠展  会期
2020年 6月27日(土) ~ 8月16日(日)


NSG
美術館

新潟県新潟市中央区西船見町5932番地561
電話/025-378-3773
ホームページ/http://www.nsg-artmuseum.jp/
開館時間/10:30~18:00(入館は17:30まで)
休館日/月曜日※祝日または振替休日が月曜日の場合はその翌日
観覧料/■個人■大人300円、専門学生・大学生200円、高校生以下無料
■団体(20名以上)■大人200円、専門学生・大学生100円、高校生以下無料
※学生は学生証の提示が必要

この記事に関するNSGグループの取り組みはこちら

シェア