10/23(土)アルビレックス新潟ホームゲームにてNSGグループサンクスデーを開催

2021.10.27 Wed 関連タグ: #イベント#健康・スポーツ

10/23(土)にデンカビッグスワンスタジアムにて行われた明治安田生命J2リーグの第35節 アルビレックス新潟 対 ブラウブリッツ秋田戦が行われました。
この試合ではNSGグループサンクスデーとして、NSGの3文字を頭文字に、「新潟、スポーツ、芸術」の秋をテーマにこの試合を盛り上げようと、様々なボランティア活動やイベントブースの運営を行いました。

また、試合直前には当日参加したNSGグループの若手社員・職員を中心とした約50名がセレモニーに参加し、代表の4名が選手、スタッフ、サポーターの皆様にNSGサンクスデーに込めた想いを届けました。


サポーターの皆様からはたくさんの拍手をいただきましてありがとうございました。


クリーン活動として、スタジアムの周辺のごみ拾いを行いました。


Eゲート前広場にイベントブースを設置し、ハロウィンに合わせた内容で来場の方々に輪投げや宝探し、お絵かきなどを楽しんでいただきました。

 

NSGグループは「スポーツを通じて地域を元気にしたい」という思いで地域の皆様とともに、アルビレックスを応援しています。また、当グループの大学、専門学校、高等学校などの教育機関は各チームと連携し、人材育成やサービス向上に取り組んでいます。

【NSGグループの取り組み事例】

新潟医療福祉大学、新潟リハビリテーション病院、アルビレックス新潟、アルビレックス新潟レディース4者間での医科学的側面からの連携協定を締結

 

 

この記事に関するNSGグループの取り組みはこちら