18年間育ててくれた新潟に恩返しを 新卒二年目の目標は「先輩の仕事を自分のものに」

2018.06.29 Fri

県内外50以上の拠点で介護施設や保育施設など福祉事業を展開している「社会福祉法人 愛宕福祉会」。
現在二年目の柄澤旬至さんはNSGグループに新卒で入社し、愛宕福祉会法人事務局の総務部に配属されました。右も左もわからなかったという社会人一年目を経て、今思うことや今後の目標をうかがいました。

地元に貢献できる仕事がしたいと
Uターン一択で、新潟に帰郷
就職活動では、新潟に戻ることを前提に企業研究をしていました。18年間育ってきた新潟が大好きで、地元の方々に貢献できる仕事がしたいという気持ちが大きかったからです。
また、私は中学から大学まで野球部に所属し、大学時代はスポーツジムで受付のアルバイトをしたり、インターンシップでは「ジェフユナイテッド市原・千葉」のファンクラブ運営に携わっていたりと、スポーツに関わることが好きだなと実感していました。企業研究の中で、新潟にもスポーツに関わる仕事を創りだしている企業があると知ったことが、NSGグループに興味を持ったきっかけです。調べていく中でNSGグループは事業展開が幅広く、新潟県の皆さんのさまざまな生活シーンで貢献できると魅力を感じました。

入社して愛宕福祉会に配属となり、現在は法人事務局で総務を担当しています。当法人には50以上の施設があるので、最初の頃はまず足を運んで、顔と名前を覚えてもらえるように努力しました。覚えてもらえるとコミュニケーションが生まれて、声をかけてもらえることも増えてきましたね。

業務内容はさまざまで、各施設のスタッフの皆さんが快適に働けるようIT環境や運営環境を整えたり、法人内イベントがあれば事務局として運営側に立つこともあります。

入社一年目は、とにかく目の前にある仕事を進めることで精一杯でした。特に思い出深いのは、地域と施設の交流の場となる「地域運営委員会」に提出する資料作成を担当したことです。実はパソコン作業が苦手で…(笑)エクセルなどは入社してから覚えました。
各施設から資料を集め、そしてそれをひとつの形にまとめるというのは大掛かりな作業で、とても苦戦してしまいました。上司に助言をいただきながら、二人で連日夜遅くまで頑張りました。限られた期間内で試行錯誤しながら作成し、出来上がった時は本当に達成感がありましたね。やっている時は辛かったですが、この経験があったからこそパソコン作業も今では少し上達しました。
今年も担当するので、去年の反省点を活かしてよりスムーズに、そして正確に作成できるように頑張ります。

6月15日(金)に行われた愛宕福祉会のプレゼン大会「第5回ATAGO チャレンジ・イノベーション」では事務局として運営に携わった柄澤さん

 

今後は自分の仕事の幅を広げて
先輩の力になれたら
一年目は先輩方にたくさんのことを教えていただきました。二年目は、一人でできる業務は責任を持って進め、先輩の業務も奪っていくくらいの勢いを持って、自立したいと思っています。
そうすることで先輩方が新しい業務に取り組むことができたり、法人としていい循環が生まれたらいいなと。事務局に所属していることで現場がよく見えず、自分は法人に貢献できているのだろうかと思うこともあるのですが、スタッフの方の職場環境を整えていくことで、施設の利用者の方の満足度アップにも繋がっていったらいいなと考えています。

まだまだ先の目標になりますが、いずれは愛宕福祉会でスポーツを絡めたような企画をやってみたいと思っています。少しずつ自分のできる仕事の幅を広げて、挑戦できることには積極的に取り組んでいきたいです。

<プロフィール>
柄澤旬至(からさわ・しゅんし)
1994年新潟市生まれ/23歳
新潟明訓高等学校を卒業後、駒澤大学経済学部への進学を機に上京。中学から大学までは野球部に所属し、ピッチャーとして活躍。また、大学生時代のインターンシップではJリーグ「ジェフユナイテッド市原・千葉」のファンクラブ運営に携わった。大学卒業後は新潟市にUターンし、NSGグループに新卒で入社。社会福祉法人 愛宕福祉会の法人事務局 総務部に配属され、現在2年目。愛宕福祉会に属する県内外50以上の施設が円滑に運営できるよう、幅広い業務に携わっている。

<オフの過ごし方>
高校時代の仲間と飲みに出かけたり、アルビレックス新潟の試合を観に行ったりしています。慣れ親しんだ友人と過ごす時間は本当にリラックスできますね。新潟に帰ってきてよかったなと実感します! 学生時代にずっと続けていた野球も、また再開できたらなと思います。

社会福祉法人 愛宕福祉会
新潟市北区松潟1510番地
http://www.atago.or.jp/
TEL025-384-2941
FAX025-384-2942

シェア