2019年度よりフード学科&製菓衛生師学科が新設! 「国際ビューティファッション・製菓大学校」

2018.10.25 Thu

「福島から世界へ」をキーワードに福島県内で5つの専門学校を運営するFSGカレッジリーグ。国際ビューティファッション・製菓大学校(BF:ビーエフ)は、美容・ビューティ分野、ファッション、製菓のプロを目指せる学校として2013年に開校しました。

そして2019年度より、新たにフード学科と製菓衛生師学科が加わります。学科新設に合わせ最新設備が備わった新校舎も誕生予定で、BFはさらにパワーアップいたします。

新校舎イメージ

 

生産者、飲食店とタッグを組み、
福島、そしてBFだからできる食の学びを提供
2011年に発生した東日本大震災により生産物が風評被害を受けた福島県。同県だからこそできる食の学びを提供したいと、今回新たに「食」に関する2学科が誕生します。

産地コミュニティーを生かし、地元の農家・飲食店の方々と関わり合いながら、地産地消や郷土料理について学び、さらに、飲食店と連携したオリジナルメニューの開発や校内カフェ運営、農作業体験などを通して実践力を磨いていきます。

また、FSGカレッジリーグのスケールメリットを生かし、在籍する留学生との交流で国際的な食文化に触れたり、他学科とのコラボレーションで「美×食」、「デザイン×食」など食の新たな可能性まで追求することができます。

この記事に関するNSGグループの取り組みはこちら

シェア