AiR×産学連携(4社)でのSDGs サスティナブルな商品開発から 地方創生のためのまちづくりまで、学生発信の未来への提言。

2021.11.24 Wed 関連タグ: #専門学校#地域活動#観光#産学連携

NSGグループの国際外語・観光・エアライン専門学校は、全校でSDGsを産学連携にて取り組んでおります。

今年度は、新潟でSDGsに積極的に取り組まれている企業4社様を中心とした産学連携による、実地実習も交えたSDGs活動を行ってまいりました。

SDGs活動から、社会人基礎力としての、当事者意識と、自ら問題提起をし、問題解決力をつけることを目的としております。

これらの活動を通して、これからの社会の中でどう働き、どう活躍すべきかを学生たちが考えるいい機会となっております。その活動報告として、以下の通り発表会を開催いたします。


※写真はイメージです。

【開催日程】 2021年11月30日(火)  開  場:13:00  発表・審査:13:15~16:00

【会  場】 新潟市民プラザ 6F ホール (新潟市中央区西堀通866 NEXT21  6F)

【発表内容・発表者】 ※発表順 4チーム×20分

  • アジア言語科 × 協力企業:日本たばこ産業(株)新潟支店

「ファッションを持続可能に「タンスの肥やしをどうしてますか?」 

  • 上級英語科・日本語通訳科 × 協力企業:(株)鈴木コーヒー

サスティナブルな商品開発と販売とは「コーヒーは飲んだら終わりですか?」

  • 国際英語コミュニケーション科 × 協力企業:(株)バイオマスレジンマーケティング

石油系樹脂の削減「バイオマスレジンの可能性を探る」

  • トラベル観光科・国際エアライン科 × 協力企業:名鉄観光サービス(株)新潟支店

地方創生のための街づくり「阿賀野市を観光名所にするために」

【来  賓】 日本たばこ産業(株)新潟支店 支店長 上野 和樹 様

(株)鈴木コーヒー 代表取締役社長 佐藤 俊輔 様

(株)バイオマスレジンマーケティング 執行役員 杉原 孝行 様

名鉄観光サービス(株)新潟支店 支店長 島村 健治 様

【審査員】 新潟日米協会 専務理事 関根 伸春 様

(社)魚沼市観光協会 事務局長 樺澤 正人 様

SDGsにいがた事務局 新潟日報社 広告局広告部 長谷部 剛央 様

【審査方法】 活動内容・成果10点、プレゼンテーションスキル10点、報告内容の全体構成10点

未来への提言10点、合計40点にて審査。 『SDGs大賞』を1つ決定。

【主  催】 AiR×SDGs活動報告会 実行委員会 委員長 アジア言語科2年 今 遥姫


※写真はイメージです。

 

 

学校法人 国際総合学園 国際外語・エアライン・専門学校

所在地:新潟市中央区古町通7-935 NSGスクエア5F

代表者名: 学校長 栗林直子    URL: https:/ /www.air.ac.jp/

<プレスリリース・当日の取材に関するお問い合わせ>

担当部署:事務局   担当者名:森 寛一

TEL: 025-227-6330(平日9:00~17:30)
FAX:025-227-6331 
e-mail:mori.hirokazu:@nsg.gr.jp

この記事に関するNSGグループの取り組みはこちら