2019年度も19名の卒業生がJリーグクラブに就職決定!JAPANサッカーカレッジ

2019.05.3 Fri

全国唯一サッカー総合専門学校「JAPANサッカーカレッジ」は、毎年、Jリーグクラブ、なでしこリーグクラブ、JFLクラブなどに卒業生を輩出しており、2019年度も19名がJリーグクラブへ就職が決まりました。

2018年度の卒業生および既卒者を加え、2019年4月20日現在、Jリーグ54クラブ中49クラブに、コーチ、フロントスタッフ、マネージャー、ホペイロ、トレーナー、アナリスト、選手として165名が所属しています。

※JAPANサッカーカレッジが独自に調査したものです。JAPANサッカーカレッジ高等部卒業生も含まれます。

また、なでしこリーグには、10クラブ16名の卒業生が在籍し、JFL(日本フットボールリーグ)には、8クラブ13名の卒業生が在籍しており、合計すると67クラブ194名の卒業生たちが活躍をしています。

同校は、日韓ワールドカップが開催された2002年に開校し、多くの卒業生をサッカー業界やスポーツ業界に輩出しています。Jリーグクラブだけではなく、日本サッカー協会やJリーグ、サッカー関連の雑誌社、WEB会社、レフェリーなどでも卒業生が活躍しています。

今後も、サッカー業界を目指す職種の職業訓練校として、即戦力となる人財を日本のサッカー界はもとより海外クラブにも視野を広げて、輩出し続けていきます。

【本件に関するお問い合わせ】
JAPANサッカーカレッジ
担当 中村、斎藤 

新潟県北蒲原郡聖籠町網代浜925-1
TEL: 0254-32-5357  FAX: 0254-32-5358
E-mail: nakamura.tsutomu@nsg.gr.jp  URL: http://cupsnet.com/

 

この記事に関するNSGグループの取り組みはこちら

シェア