NSGカレッジリーグがバーチャル卒業式を開催

2022.03.11 Fri 関連タグ: #専門学校

NSGグループの29校の専門学校「NSGカレッジリーグ」は、3月9日に卒業式をバーチャル空間にて行ないました。

NSGカレッジリーグとは、NSGグループが新潟県内で運営する専門学校29校の総称です。
2021年度の卒業式は、新型コロナウィルス感染拡大を防ぐため、対面での実施を見送り、バーチャル空間で実施いたしました。卒業生は自分のアバターで、3DCGによるバーチャルな卒業式会場に入室し、拍手などは絵文字を通して式典に参加しました。また仲間と会話を楽しむことができるバーチャル教室も用意しました。
(バーチャル空間はGugenka様 「XLive」、バーチャル教室はNTT様「DOOR」を使用)

NSGカレッジリーグ29校の学校長を代表して、新潟ビジネス専門学校の渡辺学校長は、「北京オリンピック2022スノーボード男子ハーフパイプ金メダルの平野歩夢選手(NSGカレッジリーグ教育連携校 開志国際高等学校卒業生)、女子ハーフパイプ銅メダルの冨田せな選手(全日本ウィンタースポーツ専門学校卒業生)のように、それぞれの人生において金メダルを設定し、情熱を持って取り組んでほしい」と式辞を述べました。

卒業生を代表して、技能五輪で金賞を受賞した国際調理製菓専門学校(シェフ学科)の上田那月(うえだなつき)さんは、「国際大会に向け今までお世話になった方々への恩返しができるよう、日本代表としての自覚と責任を持ち、世界の大舞台にチャレンジしたい」とこれからの決意表明いたしました。

国際調理製菓専門学校(シェフ学科)上田那月さん国際調理製菓専門学校(シェフ学科)上田那月さん

スペシャルゲストメッセージとして、北京オリンピック2022スノーボード女子ハーフパイプ銅メダルの冨田せな選手(全日本ウィンタースポーツ専門学校卒業生)からは、「それぞれの夢や目標に向かって、共に頑張っていきましょう!」と卒業生へ激励の言葉いただきました。

また、吉本お笑い芸人である、マヂカルラブリーからは「がんばりマッチョ!」、オズワルドからは「これからの人生、どこかで会いましょう!」、空気階段からは「卒業しただけで拍手です!」、チョコレートプラネットからは「マリオネットの糸を断ち切って、それぞれの道を、オンリーオンリーオンリーオンリーオンリーに歩んでください!」と爆笑ネタと共にエールを送ってくれました。

【NSGカレッジリーグ】 https://mydreams.jp/ 
文部科学省が分類する8つの分野【工業、農業、医療、衛生、教育・社会福祉、商業実務、服飾・家政、文化・教養】を新潟県内の29校・223学科423コースで、全てカバーする専門学校グループ。

全国47都道府県出身の高校生はもちろん、社会人、大学・短大の卒業者、中退者の入学が毎年増加し、世界各国からの留学生も多く入学。1979年の開校依頼約99,400名の卒業生を輩出。

NSGカレッジリーグ 学校所在地
・新潟市: 21校 ・長岡市: 2校 ・上越市: 1校 ・三条市: 1校 ・佐渡市: 1校 ・妙高市: 2校・聖籠町: 1校

関連タグ: #専門学校

この記事に関するNSGグループの取り組みはこちら