VRで認知症疑似体験! 上越あたご福祉会で「VR認知症研修会」を開催

2018.10.18 Thu

社会福祉法人上越あたご福祉会では、バーチャルリアリティ(VR)活用した認知症体験研修を開催いたしました。

■イベントの概要について
社会福祉法人上越あたご福祉会では、10月16日、17日の2日間でバーチャルリアリティ(VR)活用した認知症体験研修を開催しました。今回の研修では法人スタッフが、バーチャルリアリティ(VR)の技術を活用し、認知症の症状を実体験しました。

認知症になると「徘徊」、「帰宅願望」、「幻覚・幻聴」といった症状が多く見られます。しかし、認知症のケアを行うスタッフも認知症を実体験したことはなく、認知症が正しく理解されないこともあります。そこでVRで認知症を疑似体験し、認知症の理解を深めるためにこの研修を開催しました。

研修では『時間や場所が分からない』、『幻覚、幻聴がある』といった4パターンの疑似体験を行いました。実際体験した職員からは『VRで認知症を擬似体験したことで認知症のイメージが変わった』、『相手の立場に寄り添った声かけが大切であると感じた』といった声が上がっていました。

社会福祉法人上越あたご福祉会
理事長:稲葉 晋
所在地:新潟県上越市三和区井ノ口1718番地4
URL: http://www.joetsu-atago.or.jp/

<本件に関するお問い合わせ>
法人本部事務局 総務部 小山 浩一
TEL:025-532-2713  FAX:025-532-2714
e-mail: hirokazu.koyama@joetsu-atago.or.jp

この記事に関するNSGグループの取り組みはこちら

シェア