「地方と都会の格差をなくしたい」 上京で見えた課題を胸に、新潟の未来を教育面で支えられたら

2019.06.10 Mon

新潟県阿賀野市(旧水原町)出身の信田愛美さんは、大学進学を機に上京。
卒業後は㈱NSGアカデミーへの入社とともに新潟に戻り、学習塾講師や校舎運営などの経験を経て、現在は新潟市中央区にある新潟工科専門学校で学校広報を中心に情報発信を行っています。私生活では旅行が趣味で、47都道府県制覇に向けてあと一歩とのこと。

「上京したことがきっかけで将来の目標が見えたので、結果として都会で過ごした4年間はとても大きな意味がありました」と信田さん。
大学時代に見つけた、働く上でのテーマとは。そして、Uターンで実感した新潟で暮らすことの魅力について聞きました。

地方と都会の格差にショック!
教育面から問題解決に貢献したい
都会への憧れは全くなかったのですが、高校卒業後は「地元とは別の世界を見たい」と県外に出ることを志望し、紆余曲折の末に都内の大学へと進学しました。上京してまず驚いたのが、私が生まれ育った地域と大都会・東京との生活環境の差。カルチャーショックと言ってもいいくらい、日々衝撃を受けていましたね。そんなことから、地方と都会の格差について勉強したいという気持ちが膨らみ、入学時に専攻していた日本語日本文学科から、2年次には社会学を学ぶためにと人文・ジャーナリズム学科に転科。ゼミでは教育格差・家族の文化的再生産について研究を行い、いつしか「地方・都会の格差をなくしていけるような仕事に携わりたい」という思いが強くなっていきました。これは上京しなければ気付くことができなかったことだと思います。

こうして迎えた就職時期ですが、最初は地方公務員を目指していて。
でも「地方と都会の格差を教育面から縮められたら」という思いが強くなり、教育を軸に学校法人や一般企業への就活を進めることに決めました。
「都会に引けを取らない教育環境が整えば、どこにいっても通用する人材を地方で育成することもできる。そしてその環境があれば、東京一極集中で地方が頭を抱えている人口減少の問題も緩和されるのでは」。
そんな思いの中で出会った企業が、㈱NSGアカデミーでした。
学習塾という学び場を通じて子どもたちの可能性を引き出し、力強く生き抜ぬく力を養うという点に共感し、ここで教育面から地方活性化に貢献したいと思いました。
関東で全く別の業種で内定をいただいていた企業があったのですが、やりたい事を優先し、Uターンを決めました。いずれにせよ30歳までには地元に帰りたいと思っていたので、このタイミングで戻ることにためらいはなかったです。

この記事に関するNSGグループの取り組みはこちら

シェア