「電卓の名人」は子育て&仕事で奮闘中 「職場、家族、周囲の支えに感謝です」

2019.08.12 Mon

今、取り組みたいのはIT関連の資格
生徒、娘に負けず自分自身も成長していきたい
振り返れば、学校を卒業して教壇に立ったのは21歳。専門学校の学生には、高校の卒業生だけでなく社会人の方もいらっしゃるので、時には学生さんの方が年上、なんてこともありました。どう接したらいいのか、迷ったり悩んだりしたこともあったけど、相談に乗ってくれ、励まし、支えてくれた周囲の先生方のおかげ、そして学生さんたちのおかげで、私も少しずつ育ってこれたと感謝しています。
電卓の技術はもちろんですが、それだけでなく、日常のマナーとか、社会人としてどうあるべきかとか、仲間同士で助け合い、励まし合うこととか、私がここで学んだことを次の世代に伝えていけたらいいですね。

今は私も年をとっちゃって(笑)学生もみんな年下になっちゃいましたが、まだまだ私自身も成長していきたいと思っているんです。
具体的なことを言うと、IT関係の資格に挑戦したいな、と。今の仕事に生きるスキルを身につけてビジネスパーソンとして大きくなりたいですね。
学生や娘の成長を間近で見ているから、自然とそういう気持ちになるのかもしれません。みんなに負けないよう、これからもレベルアップしたいと思います!!


大野麻衣子(おおの・まいこ)
新潟県加茂市生まれ。高校卒業後、NABI新潟会計ビジネス専門学校に進学。在学中に公益社団法人 全国経理教育協会の全国簿記電卓競技大会に出場、みごと優勝。さらに、全国的にも数少ない電卓計算能力検定段位の「名人」に合格。卒業後は母校で教務を担当。培った技術と経験で後進の指導にあたっている。2015年に結婚。夫と娘の3人。


新潟会計ビジネス専門学校
https://www.nabi.ac.jp
〒950-0088 新潟県新潟市中央区万代1-2-22
Tel: 025-244-8010 Fax: 025-247-7231
会計の精神であるコミュニケーション能力と問題解決能力を備えた会計のスペシャリストを輩出し、地域社会に貢献することを理念とする。経理ビジネス学科、 ITビジネス総合学科、 税理士学科、 会計ライセンス学科、 eラーニング会計学科があり、1年生時に全員が簿記を学ぶ。 “ビジネスの甲子園”と呼ばれる全国簿記電卓競技大会では毎年関東支部代表として出場を果たし、優秀な成績を収めている。現在も全国制覇に向けて奮闘中。

この記事に関するNSGグループの取り組みはこちら

シェア