【新潟ビジネス専門学校】コロナ禍で初のオンライン開催となった日本医療秘書学会「第18回学術大会」当校の学生が日野原重明賞を受賞!!

2021.02.22 Mon

 NSGグループの「新潟ビジネス専門学校(NBC)」の学生が、日本医療秘書学会 第18回学術大会において、昨年のポスター発表の部の受賞に続き、新潟県内初、2年連続で日本医療秘書学会日野原重明賞を受賞いたしました。

「日本医療秘書学会」とは、日本で初めての医療事務系実務者を対象とする医療学会として平成16年2月に設立されました。本学会は医療秘書関連業務に関する調査研究と報告、研修会などを行い、医療秘書実務担当者の資質の向上と医療社会に貢献することを目的としています。また、本学会は現役の医療従事者や実務者の他、大学・専門学校等で医療を学ぶ学生や教員が、それぞれの立場から調査研究し、発表する大変珍しい学会となっています。

今回は【コロナ時代に医療秘書のできること】というテーマのもと、感染症指定医療機関に勤務し、コロナと最前線で戦っている医療従事者の方や、これから医療業界を志す学生など、コロナ禍の医療機関の現状を知るとともに、今だからできることを各方面から発表することで、まさにコロナ禍の医療業界をみんなで応援・支援する学会となりました。

新潟ビジネス専門学校の医療秘書・事務学科の学生たちは、2年間の学びの集大成として、この日本医療秘書学会学術大会に参加し、1年間の調査・研究の成果を発表しています。

【日本医療秘書学会 第18回学術大会 概要】
開催日:2021年2月21日
学会長: 岩﨑 榮 NPO法人 卒後臨床研修評価機構 専務理事
学術大会長:酒井 一由 藤田医科大学 医療科学部 臨床工学科 准教授
主催:一般財団法人 日本医療秘書学会
後援:一般社団法人 医療秘書教育全国協議会
協賛:NPO法人 日本医師事務作業補助研究会、全国医事
参考 一般財団法人日本医療秘書学会 http://society.mts-jp.org/

中川 夏輝さん・庭野 杏美さん中川 夏輝さん・庭野 杏美さん

【結果一覧】
日野原重明賞:新潟ビジネス専門学校 医療秘書・事務学科 医療秘書コース 2年
中川 夏輝(なかがわ なつき)、庭野 杏美(にわの あみ)
発表内容(研究内容):「オンライン診療普及のために医療秘書ができること」

今年度はコロナ禍により、初のオンライン開催となり、発表形式も動画発表に変更になりました。使用する資料の作成や、発表の仕方は、例年とは異なる方法の中、学生自身が試行錯誤し動画を作成いたしました。

当校では、多くの人に医療現場の現状と取り組みについて知っていただく機会として、またコロナ禍の医療業界を志す学生のエールとして本件をご報告いたします。

【参考】
日本医療秘書学会日野原重明賞は、医療秘書教育全国協議会設立20周年に当り、設立時より多大のご指導を賜った、会長日野原重明先生(聖路加国際病院理事長)の業績を記念し設けられています。
引用 一般財団法人 日本医療秘書学会 日野原重明賞http://society.mts-jp.org/hinohara/index.html

NBC新潟ビジネス専門学校
URL:http://www.nbc.ac.jp/
所在地:新潟市中央区万代1-2-22
代表者:学校長 渡辺敏彦
TEL:025‐241-2131   FAX:025‐245-4367

この記事に関するNSGグループの取り組みはこちら

シェア