【WiZ国際情報工科自動車大学校】国家資格2級建築施工管理技士全員合格!

2022.07.14 Thu 関連タグ: #専門学校#教育

NSGグループで福島県郡山市にある工科系専門学校、WiZ国際情報工科自動車大学校では、6月12日に実施、7月5日に発表のあった2級建築施工管理技士試験にて本校建築CAD設計科学生7名中7名全員が合格し、合格率100%を達成しました。


今年度の同試験の全国平均合格率は50.7%だったので、全国平均を大きく上回る結果となりました。

■国家資格 「2級建築施工管理技士」試験結果
試験日 令和4年6月12日
建築CAD設計科2年生7名受験、7名合格(合格率100%達成)
※全国平均合格率は50.7%

試験対策では過去問やオリジナル問題による理解度確認テストを都度実施。学生同士が教え合い、インプット・アウトプットができる環境を作りクラスメイトで切磋琢磨しながら励みました。
また出題される材料や道具、現場での作業方法や施工方法など、口頭では伝わりにくい部分を写真や動画を活用することでイメージを与え、学生の学びに対するモチベーションを下げることなく全員を合格に導きました。

合格学生コメント 建築CAD設計科:金野 輝(福島明成高校卒業)
過去問を解き、その点数とクラス内での順位を認識することで、次は負けないぞ!という思いになり、互いに切磋琢磨し合いながら点数を高めていく授業が印象的でした。また、ただ問題を解くのではなく、解説を読み込むことで解答の意味を理解し、様々な問題に対応できるように心掛けました。
今後は、宅地建物取引士の資格試験合格を目指して、また試験勉強を頑張ります!

担当教員コメント 建築分野:近内 広樹
前期受験の場合、対策期間が短いため、要点をまとめた写真や動画を併用し、文章だけで理解するのではなく、実際の設備や機械をイメージしながら理解度を高めることに徹底しました。一人一人の理解度に合わせた個別対応が出来たからこそ、全員合格の快挙を達成することが出来ました。

本資格は建築工事において「最も必要とされる資格」の一つとされ、取得することで工事現場の施工計画を作成したり、工程管理や品質管理、周辺の安全管理や原価管理などを行うことが可能になります。
また、建設業法の規定により、企業は直接雇用する技術者の中から、本資格取得者を必ず現場に配置する必要があります。
資格の取得により一人ひとりの評価を高めることはもちろん、企業としての評価を高め、企業全体の技術力評価にもつながる、「企業経営上」大変重要な資格となっており建築業界への就職を目指す学生にとって、非常に大きな実績となります。

■WiZ国際情報工科自動車大学校 建築デザイン科(旧:建築CAD設計科)
建築デザイン科
・設計コース ・インテリアコース ・施工コース
・2年課程/男女/定員20名
[目指す職業]
建築士、建築現場監督・大工、設計アシスタント、インテリアコーディネーターなど
[目指す資格]
国家資格二級建築士(受験資格)、国家資格一級建築士(受験資格)、国家資格2級建築施工管理技士
建築CAD検定、色彩検定、福祉住環境コーディネーター検定試験、玉掛技能講習、小型移動式クレーン運転技能講習

学校法人国際総合学園 国際情報工科自動車大学校
所在地:福島県郡山市方八町2-4-15
代表者名:双石 茂
URL:http://wiz.ac.jp/

関連タグ: #専門学校#教育