キャリアアップも家庭もコントラバスも頑張れる職場で、これからは新潟に根を張って生きていきます。

2018.09.26 Wed

 

新潟で病院から介護施設、居宅サービスまで様々な医療・介護事業を展開する医療法人愛広会。その人事部に配属されたばかりの本間慧音さんは、大学進学で上京以来、社会人としての時間も含めて約6年間を東京で過ごしました。ご本人曰く「いろいろ迷走していた時代」を経て新潟に戻り、先ごろ結婚。ふるさと新潟に腰を据えて新しい人生を歩んでいる本間さんに、お話を伺いました。

東京暮らしがあったから
新潟の魅力に気付けた

「眼鏡をかけているせいか、第一印象は真面目でおとなしそうだと言われることが多い」という本間さん。でも、ちょっと話してみると、人懐っこくて明るくて、誰とでも垣根なく話せる雰囲気が伝わってきます。
「思い込んだら後先考えず突っ走るのが欠点(笑)」と言う本間さんは、大学進学をきっかけに東京暮らしを始めました。社会人になってからは営業職を経験。東京に住んでいると、テレビや雑誌に出てくるお店やスポットが身近にあるなど、楽しいことはいろいろありました。一方で、生真面目な女子大の雰囲気になじめなかったり、恋愛で悩んだり、仕事で残業続きだったり、思うようにいかないことも。でも、どんなときでも、ずっと続けていたのはコントラバス。

「高校時代から始めたコントラバスのおかげで、いろんな人と出会うことができて、人の輪も広がりました。今も東京で一緒に演奏することもあります。」
しかし、上京6年を経て、新潟の家族から「一度新潟に戻ってきたら…?」と言われて帰郷。とはいえ、「将来のことを考えたら、東京で子育てはしたくない」と思っていたし、久しぶりに新潟で暮らしてみて、「月並みですけど、満員電車地獄がない。食べ物が安くておいしい。東京にはない魅力ですね」。さらに、「新潟はなんでも“ほどほど”でいい感じ」とも。
「東京は通勤圏というほど近くはないけれど、思い立ったら2時間で行ける。新潟市内は買い物、病院、娯楽など暮らしの不都合はなく、必要なものはほぼ何でもそろう“ほどほどの都会”。人口密度とか、なんかいろんなことが“ほどほど”でちょうど良くて、肌に合っている感じです。東京で暮らしていなかったら気づけなかったでしょうね」。

NSGグループ内のイベントで受付をする本間さん。

女性が働きやすい職場だと思います
結婚しても出産しても辞めずに働く人が多い

帰郷した本間さんは、東京での営業経験を活かして、人材広告会社に就職。プライベートではコントラバス・アンサンブルの団体に参加し、現在のご主人と出会いました。しかし、結婚が決まって式場の予約をした直後に、東京への転勤命令が下ります。「主人にも相談し、再び東京で働こうかと悩みましたが、新潟に残る道を選びました」。
そして新たな職場となったのが、愛広会の人事部です。
「医療・介護の現場では離職率が全国平均15%前後といわれますが、愛広会は5%以下です。全体の職員数は1,400人にもなりますから、ご家庭の事情でやむなく離職される方もいらっしゃいますが、離職率はとても低いと思います」。
その理由は働きやすさだと、本間さんは考えています。「子育てをしている人たちが休みやすい環境、雰囲気があると思います。私は、今、採用業務と産育休に入る職員のフォロー業務を行っていますが、職員が安心して産休を取り、また安心して戻ってこられる環境が作れるようにサポートしています。」

この新潟でもっとキャリアアップしていきたいし
子育てもしてみたい。もちろんコントラバスも続けます

結婚したばかりの本間さん。いつかは自分も子どもを産んで育ててみたいと考えています。でも、今は新たな職場に入ったばかりなので、「仕事をもっともっと頑張りたいです。今の職場でもっと役立つ人材になるというのももちろんですが、NSGグループでいろんなことを学んで、いろんなキャリアを積んで、成長していきたいです」。
新潟で、子育てにも理解ある職場に出会ったからこそ、仕事も家庭や子育ても、大好きなコントラバスも、諦めずに続けていけると本間さんは言います。
東京に出るまでは、「同じ年頃の学校友達という世界でしか新潟を見ていませんでした。でも、仕事仲間やコントラバス仲間、年代も仕事内容や生活環境もそれぞれに異なるいろんな人たちと出会うことで、新潟をいろんな視点で見ることができるようになりました」。
新潟に腰を据えて、新しい人生を築いている本間さん、ますますのご活躍を祈っています。

医療法人 愛広会
新潟リハビリテーション病院や豊浦病院をはじめ健康診断・人間ドック、メディカルフィットネスなどの医療サービス、介護老人保健施設、通所サービス(デイサービス)、通所リハビリテーション(デイケア)、グループホーム、小規模多機能型居宅介護、訪問介護、訪問リハビリテーションなどの福祉・介護サービスを多数展開。充実のネットワークで安心して住み続けられる地域社会づくりに貢献。働きやすい職場環境づくりにも取り組み、子育て支援にも積極的で、厚生労働大臣認定(くるみん認定)子育てサポート企業、新潟県ハッピーパートナー企業でもある。
法人本部事務所/〒950-3304 新潟市北区木崎1816番地5
http://www.aiko.or.jp/

本間 慧音(ほんま・さとね)
1991年新潟市東区生まれ。新潟高校を経て大学進学で上京。その後、営業職に就き、6年ほど東京で暮らし、2016年に帰郷。2018年4月から医療法人愛広会に入職、人事部で活躍中。同年8月、高校時代から続けているコントラバスが縁で知り合ったご主人と結婚。現在、「新潟交響楽団」、コントラバス・アンサンブル団体の「BASS GARDEN」に所属し演奏に参加している。

 

この記事に関するNSGグループの取り組みはこちら

シェア