パラスポーツが健常者と障がい者の懸け橋になる

2019.08.16 Fri

福祉を日々の生活の当たり前に

その現状に対して、社会が追いつくのを待つのではなく、こちらから積極的に動いて社会全体の課題の解決にフロントランナーとなって取り組むため、新潟医療福祉大学では障がい者スポーツについて理解を深め、親しんでもらうことを目的とした、「2019にいがた3’pics SPORTS チャレンジ」(3’picsとはパラリンピック、デフリンピック、スペシャルオリンピックスの3つを意味しています。)というイベントや、小学校、中学校などに赴き、子供たちやその教育を行う立場の方向けにパラスポーツに触れてもらう体験授業などを積極的に行っています。

「障がいのある方の大変さを学ぶことも大事だが、障がい者が健常者と一緒にできることを体験、経験してもらうことをより重要視しています。日々の生活・社会に障がいのある方が当たり前にいらっしゃるという感覚を身に着けてもらいたいと考えています。」と佐近准教授は強調します。

子供たちがスポーツ車いすに乗り、遊ぶ

 

医療・介護・福祉分野をさらに発展させるためには、同分野でのサービスの提供などだけではなく、社会の意識改革につながるような行動も必要不可欠です。新潟医療福祉大学では今後も福祉を通じて社会に貢献するため、さらに環境を整え、取り組んでいきます。

 


佐近慎平(さこん・しんぺい)

新潟医療福祉大学 健康科学部 健康スポーツ学科 准教授
新潟県教育委員会オリンピック・パラリンピック教育推進委員会 委員長

 


ホームページ/
https://www.nuhw.ac.jp/

〒950-3198 新潟市北区島見町1398番地
TEL:025-257-4459 FAX:025-257-4456
時代が求める「優れたQOL(Quality of Life)サポーター」を育成。保健・医療・福祉・スポーツの総合大学で「チーム医療」を学ぶ6学部13学科の総合大学です。

この記事に関するNSGグループの取り組みはこちら

シェア