ピンチのときこそひらめきが…。20年来の夢をカタチにしたら新たな可能性が見えてきた

2017.07.28 Fri

“現代の寺子屋”ともいえるワンストップ習い事スクール「夢教室Dream Advance」。そろばん、英語、書道、よみかき、算数、国語、マンガ、いけばな、プログラミングほかさまざまなレッスンがそろいます。子どもたち自らが通いたくなる学びの場を創設したいと、4年前にこのスクールを創設したのは、自身も小学生の娘を持つ喜多村哲平さん。今、子どもたちの育成の場というだけでなく、親御さんや地域を巻き込んで、新たな動きが始まっています。

理想はイエナプラン+伝統の寺子屋
バランスのとれた人間を育みたい

大学は人文学部でしたが、塾講師のアルバイトもしていて、その頃から、総合的な教育の場を創りたい、という夢は持っていました。うれしかったのは、こちらのアプローチで子どもが変わること。顔つきや取り組みが変わる、本気になる姿に出会えることは、成績や合格率が上がるということよりずっと大きな感動がありました。一方、当時から感じていたのは、子どもたちの夢が現実的になっているなぁ、ということです。ヒーローになりたいなんて言う子は少なくなっています。でも、子どもは可能性の塊であり、好奇心の塊。もっともっと夢を見ていいんじゃないか、と。


僕自身、よく言えば好奇心旺盛、悪く言えば少々飽きっぽい子どもで、あれこれ手を出して試していました。自分は中途半端だというコンプレックスもありましたが、いろんなことを体験してから、これが好きだ、これが得意なんだ、ということを見つけた時は、すごく嬉しいし、自信になりました。その気持ちを、子どもたちにも味わってほしいなと思っています。
いろんな夢を見て、いろんなことを体験して、好きなことや得意なものを見つけていけばいいんじゃないかと思うんです。

当教室では、「自分で考え、自分で選択し、未来を創る力を育む」をモットーに、いろんなレッスン内容から子どもたちが自ら好きなものを選んで参加しています。だから、子どもが自分から行きたがる習い事教室(笑)。かっちりしたカリキュラムとかマニュアルはありません。
オランダで盛んなイエナプランという教育法があるのですが、このイエナプランと、江戸時代からある町場の寺子屋を合体したような場所にできたらと思っているんです。

シェア