㈱小川屋が創業126年の歴史で初! 『肉』を使用した新潟伝統の焼漬本日新発売!

2019.09.9 Mon

漬け魚を中心とした食品製造を手掛ける株式会社小川屋は、令和元年9月9日(月)より、新商品としてお肉の焼漬の販売を開始します。

【焼漬とは】
白焼きした魚を醤油ベースのタレに漬け込み作る新潟の郷土料理で、もともとは秋に獲れる新鮮な鮭を、冬を越えた後も美味しく食べられないか?といった先人の想いから生み出された保存食です。
小川屋では焼漬を真空パックにし、開封すれば調理不要でそのまま食べることができる商品として販売しています。

【伝統を今のかたちに】
同社は「新潟の“うまい”を未来へ」を社是に、北前船である新潟で栄えた
魚介類を主とした食品の製造を行ってきました。しかし、食の多様化が
進んだ現代において、時代に合った商品をお客様に提供することが「新潟
の“うまい”」を未来に繋げられることになるのではと考え、創業126年の
歴史で初めての肉を使用した焼漬を新商品として販売します。
使用している肉は厳選した新潟県産のブランド「越後もち豚」の“肩ロース”、そして「越の鶏」の“もも肉”を選びました。
これらの新潟が誇るブランド肉を白焼きし、小川屋自慢のあまじょっぱい焼漬のタレに漬け込み、半日以上も低温調理でコトコト柔らかく旨味もしっかり染み込ませました。


商品名 :お肉の焼漬 もち豚 肩ロース
価格 :900円(税別)
内容量 :1切(150 g)
保存方法 :冷蔵(賞味期限/30日)


商品名:お肉の焼漬 越の鶏 もも肉
価格:700円(税別)
内容量:1切(150 g)
保存方法:冷蔵(賞味期限/30日)


株式会社小川屋(会社ホームページ:http://www.niigata-ogawaya.co.jp/
平成28年12月に株式会社和僑商店ホールディングス(所在地:新潟市中央区、代表取締役社長:葉葺正幸)が事業を承継。126年目を迎える老舗の想いと技を活かしながらも現代の趣向に沿って商品、サービスのリブランディングを進めています。

【本件に関するお問い合わせ】
株式会社小川屋
(〒950-0105 新潟県新潟市江南区大淵1631)
担当:代表取締役社長 大橋祐貴(おおはし ゆうき)
電話:025-276-1311 携帯:070-3863-6407
メール:ohashi@niigata-ogawaya.co.jp

 

 

 

この記事に関するNSGグループの取り組みはこちら

シェア