世界を股にかける商社マンのキャリアを糧に 「新潟の未来のために必要とされる会社作りを」

2020.02.12 Wed


初心に帰り、Uターンを決意
新潟の発展のためにとNSGグループへ
大学時代に思い描いた「地元・新潟とロシアを繋げてビジネスがしたい」という思いが捨てきれずにいたところ、株式会社JSNの前社長や池田代表とご縁が生まれ「新潟の未来のために」という思いが共通し、意気投合しました。
これもきっと節目なのだと思い、Uターンを決意。最初は家族の理解を得るのも大変でしたし、これまでのことを考えると全く迷いがなかったわけではありませんでしたが…少しでも新潟に貢献できたらという思いでNSGグループに入りました。

入社後は、ロシア・モンゴルを中心に貿易を行う株式会社JSNの専務に。当初、新潟での人脈はほとんどなかったので、まずは足を動かして関係作りから行い、ロシアでの人脈も生かし販路を開拓しました。その後、2016年12月に社長に。2019年9月からは愛宕商事株式会社の代表も任せていただきました。
愛宕商事株式会社は同じ商社といっても、国内ビジネスが中心で私自身にとってもまた新たなチャレンジになります。多岐に渡る事業展開をしているので、一つひとつの商品・サービスについて勉強し、会社としてどう成長させていくか。
まだまだ、出発点に立ったばかりです。

この記事に関するNSGグループの取り組みはこちら

シェア