NSGカレッジリーグがお仕事体験&大学園祭2017「NSG夏フェス」を開催【7/15(土)、16(日)in朱鷺メッセ】

2017.07.4 Tue

NSGグループの専門学校群であるNSGカレッジリーグ(新潟県内 専門学校27校、在校生約7,000人)は、全校合同の学園祭と職業体験イベントを合わせた「NSG夏フェス」を開催します。第1回であった昨年は、2日間合計約4万人が来場し、地方都市の活性化を担う若者が、イベントを通して多分野の交流を実現しました。今年は目標5万人の来場を目指して準備を進めています。

NSGカレッジリーグは、新潟県内に27の専門学校を展開しており、30年以上の歴史を持ち、文部科学省が定める8つの専門分野を全て網羅した学校・学科で在籍者数は約7,000人、卒業生は合計8万人を超えており、専門人材の輩出というかたちで地域社会への貢献に取り組んでいます。
学生アンケートから「他校との交流」への要望が強まり、これに対する取り組みの一つとして、昨年7月に「第1回NSG夏フェス」として大学園祭と職業体験イベントを開催しました。学園祭らしい各校の学びの紹介や模擬店、高校生に向けた職業体験や適職診断、地域企業の協賛ブース、各校が招聘したゲストによるステージイベントなど、楽しいだけの学園祭ではなく、専門学校での学びに結びついたビッグイベントとなっています。来場者数は在校生、保護者、高校生、卒業生、一般の方をあわせて2日間で4万人にもなり、Twitterでは新潟県内でトレンド入りして選挙特番の次にランクインするほどの注目度となりました。

シェア