専門学校アップルスポーツカレッジが分子レベル体成分分析「InBody」を活用してプロバスケットボール選手を育成

2021.03.3 Wed

NSGグループの学校法人国際総合学園 アップルスポーツカレッジ(以下:ASC)では、アスリートの「分子レベル体成分」分析ができる「InBody」(株式会社インボディ・ジャパン 本社:東京)を導入し、専門学校では初の「プロバスケットボールプレーヤーの育成」のために導入して参ります。(2021年4月より)

※専門学校 初(株式会社インボディ・ジャパン 調べ)

 

  • InBodyについて

InBodyはBIA法を用いて体の分子レベル分析が可能で、各成分(体水分・タンパク質・ミネラル・体脂肪など)の関係から除脂肪・筋肉・骨格筋など人体組織の重さを求め、筋肉と体脂肪は部位別分析を通じて身体均衡を評価することもできます。また、InBodyの体型評価では、BMIと体脂肪率を組み合わせて体型を11種類の区分で評価を行うことでアスリートの状態を把握します。

 

 

  • 人材教育の取り組みについて ■  ASC×新潟アルビレックスBB【 次世代人材育成連携協定 】

Bリーグ 新潟アルビレックスBBの管理栄養士「伊藤先生」(トレーナー科スタッフ)の指導の下、バスケットボール専攻科(新潟アルビレックスBBU23)選手の計測・体調管理・食事指導等を「InBody」測定数値も合わせながらアスリート育成を行って参ります。

法人名:学校法人 国際総合学園 アップルスポーツカレッジ   
所在地:新潟県新潟市中央区長潟2-2-8                    
代表者名: 萬歳 憲重                     
URL: https://www.applesports.jp/

<プレスリリースに関するお問い合わせ>
担当部署:教務   

担当者名:伊藤・川下・小池
TEL:025-286-5191   
FAX:025-286-5192 
e-mail: asc@nsg.gr.jp

 

この記事に関するNSGグループの取り組みはこちら

シェア