小中学生のプログラミング発表会をYouTubeで実現!「コロナウイルスの影響で中止」では終わらせない!

2020.10.9 Fri

NSGグループの株式会社チアリーが運営する、小中高生向けプログラミング教室『STAR Programming SCHOOL(スタープログラミングスクール)』では毎年3月に東京大学にて500名あまりの観客の元『SPSアワード』という発表会を行っています。2020年の開催はコロナウイルスの影響で中止となりましたが、新しい形に変えて『YouTube発表会』として公開しました。

全国50教室でScratchプログラミング・ロボットプログラミングを学ぶ小中学生の学習の集大成としての発表会。子ども達が自ら企画・開発を行ったプログラムをクラス担当の講師が「実況動画」風に紹介しています。今回のテーマは「わ」。Scratchプログラミングコースでは、「わ」から連想されるものをチームで話し合い企画し、プログラミングした個性豊かな作品を作り上げています。ロボットプログラミングコースでは、チームまたは個人で多様な動きをするプログラムを制作。消毒液を発射するロボットやリモート操作で動くロボットなど、アイディア満載の作品を紹介しています。

イベント名:SPSアワード特別編『YouTube発表会』
URL:https://www.youtube.com/channel/UC2tkVmFVNSfqWSaRwbDEL1g

「STAR Programming SCHOOL」について
㈱チアリーが40年で30万人以上が学ぶ児童英語教室と、15年で54万人以上が学ぶパソコン教室で培った指導ノウハウを取り入れた、「自立」を促すプログラミング教室です。開校以降、子ども達が自らの未来を切り拓く力を身に付けるカリキュラムの構築と指導を行っています。

<特徴>

★「習得-企画-創作-発表」を一連の学習サイクルと捉え、4つの反復によりチカラの定着を図る。

★自立を促す指導法により、生徒自らが考える環境と、楽しみながら学べる教育メソッドを構築。

★パソコン市民講座や第一ゼミナールの教室内で運営することで受講料の低価格化を実現。

★少人数制クラスによるきめ細やかな指導と、仲間を大切にする共創の気持ちを促進。

 

<概要>

コース:タブレットプログラミングコース、Scratchプログラミングコース、ロボットプログラミングコース、WEBプログラミングコース
受講料:通いやすい低価格月謝制(週1回60分〜120分)
その他:振替授業・補講対応、保護者の授業見学可、タイピング指導、自宅学習可能

法人名:株式会社チアリー           
所在地:東京都新宿区新宿1-15-9さわだビル9F
代表者名:和田 浩一                  
URL: https://www.star-programming-school.com/

<プレスリリースに関するお問い合わせ>

担当者名:堀米杏奈

TEL:03-5368-2411   
FAX:03-3355-3128 
e-mail: annahorimai@pc4353.com

 

 

シェア