新しいお味噌体験「味噌と乳」はなぜ相性がいいのか? 明治38年創業の味噌蔵が味噌と乳製品の相性の良さを探るプロジェクト

2021.03.1 Mon

味噌・味噌漬、甘酒の製造・販売を行う株式会社峰村商店(所在地:新潟県新潟市 代表取締役:葉葺正幸 屋号:峰村醸造)は、「味噌と乳はなぜ相性がいいのか?」というコンセプトをもとに、misomilk.com(ミソミルクドットコム)を立ち上げ、新商品や新レシピの開発をスタートする。


▲「味噌と乳」展開イメージ

 

【開発の背景】

当社の工場併設の直売店では、かねてより味噌ソフトクリームを販売しており、その相性の良さが人気だった。ある時、味噌をつかった洋菓子を開発するのに、パティシェエに相談していると「味噌と乳製品は相性がいいですからね」という内容をきいた。言われてみると、味噌バターラーメンなども昔からある。そこで東西の食物史を振り返ると、西ではミルクを、東では豆類(特に大豆)をタンパク源とし、それらが発酵することで、西にチーズやバター、東に味噌や醤油となっていることに気づいた。それだけでなく、ワインとチーズの発酵食品同志の相性が良いように、素材のもつ相性の良さと文化性を基軸に現代の食文化にあうような商品を開発していくプロジェクトをスタート。

また今後は、味噌と乳製品を使ったレシピの発表やレシピコンテスト、新商品アイデアの公募などを企画中。これまでのお味噌の使い方にとらわれない新しいお味噌体験の可能性を探る。

 

第一弾として、味噌ソフトクリーム、味噌チーズタルトを販売。

その後、味噌バター、クリームチーズの味噌漬け、味噌チーズケーキなども準備にはいっている。

【商品概要】

商品・価格(税込)

「味噌ソフトクリーム」:432円

「味噌チーズタルト」: 324円

 

【会社概要】

当社は、明治38年に新潟市で創業した味噌醸造蔵。創業以来、味噌・味噌漬けの製造販売及び、甘酒・出汁・調味料・冷凍総菜、といった食卓でご利用頂ける食品の企画・開発・販売を行っております。昨年は感染症対策の為、中止しましたが、春と秋に開催する蔵祭り(発酵大醸し祭り)は2万人を集客する規模になりました。また地元のブランド農産物を使った商品開発、お客様とともに大豆を育ててお味噌を作る取り組み、などにもチャレンジしています。

 

【販売店】

・峰村醸造 直売店(新潟県新潟市中央区明石2-3-44)

・峰村醸造 公式オンラインショップ(http://www.minemurashouten.com/

・峰村醸造 味噌と乳サイト(http://www.misomilk.com/

 

【本件に関する問い合わせ先】
峰村醸造(株式会社峰村商店) 
担当:小林・葉葺
TEL:025-247-9321
FAX:025-243-2486
MAIL:shop@minemurashouten.co.jp

 

 

この記事に関するNSGグループの取り組みはこちら

シェア