新潟で自ら会社を経営し、いつかはアルビレックス新潟のスポンサーになる!

2019.09.23 Mon

きっかけはインターンシップ、決め手は代表のビジョン

東京でもいくつか他社の説明会や面接に行ってはみたのですが、ピンときていませんでした。そんな時、東京で開催されたNSGグループのインターンシップに行ってみたんです。ワークショップが「農業生産物の活用法を考える」というテーマだったので驚いたんですよ。というのもNSGグループって教育のイメージが強かったから。すごく新鮮だったし、インパクトがありました。
そして、決め手となったのは池田代表のビジョンです。新潟を世界に誇れる街にする。そのフレーズが心に響きました。人生をかけるだけの価値があると思ったんです。

経営者への志を後押ししてもらい、
少しは成長できてるかな(笑)

入社1年目に新卒で配属になったのはNSGグループの経営企画本部です。NSGグループ全体の経営企画に関わる部署だったので、100以上あるグループ法人・支援法人の方々にお会いすることができましたし、それぞれの事業や経営について学ぶことができました。仕事というより勉強の場を与えていただいたと思っています。ありがたかったですね。
2年目は株式会社和僑商店ホールディングスにおいて、老舗の事業継承による企業再生で全国から注目されている葉葺社長の下、老舗味噌蔵の株式会社峰村商店で経験を積みました。ここで物を作って売る仕事の面白さに気付きました。通販管理、商品開発、販売企画、販促……いろんなことを体験させてもらい、売り上げを作ること、商品を作りお客様に届けることはこんなに楽しいのか、と実感したんです。
そして、この春からな株式会社仲蔵商店の運営全般を任されています。無添加でノンアルコールの糀ドリンクは、商品自体にも強い個性と特長があるので、実店舗、通販、卸売りなどさまざまな販路でその価値をいかにして伝えていくか。今も奮闘中です。
経営者養成コースで入社し、3年間で経営者になりたいという思いの実現に向けた配置や業務の経験をさせてもらいました。もし、東京の大企業や公務員を選んでいたらすごく多くの時間が必要であろうことをより速いスピードで経験できてきていると実感しています。

「気さくで話しやすい上司です」と店舗スタッフにも信頼されている小畑さん。「主力商品が糀ドリンクということで、お客様は女性が多いのかと思っていましたが、男女・世代関係なく来ていただいていると知りました」。

この記事に関するNSGグループの取り組みはこちら

シェア