新潟はとにかく住みやすいところ。幸せ度数は確実に増しています!

2019.08.15 Thu

モットーはプラス思考。人は変われる、
どんな経験も次につながっている
前職の医療関連の人材紹介会社にいたとき、一人の看護師さんの姿に強い衝撃を受けたことがあるんです。その人は、新卒で勤めたところを3カ月で辞めてきた。人間関係とか、メンタル面とか、いろんな要因があったのですが、看護師という仕事は続けたいという意志を持っていました。それで、いろいろな職場を当たってみたところ、ある病院の師長さんが「うちで教育を含めて面倒を見ます」と言ってくださって、第2の就職先が決まりました。職場を紹介した立場上、気になってときどき様子を見に行っていたのですが、しっかりした教育を受けて、半年後には見違えるように元気に働いている姿に出会えた。1年後にはもう一人前の落着きもあり、よかったと思うと同時に、師長さんのすばらしさ、教育の大切さを実感したのです。
このことから、教育という分野にも強い関心を持つようになりました。だから、今の専門学校で仕事をすることができて、本当にうれしく思っています。前職の経験で多少ではありますが医療現場の状況も想像できますし、挫折しても人は変われる、むしろ、挫折や失敗が財産になることもあると実感しました。教務ではなく事務という立場ですが、学生さんたちにもそんな経験を伝えられる機会があればうれしいですね。

「業務の大半はオープンキャンパスと県内・近県あちこちに出向いての説明会です。本校の魅力、この学校で広がる可能性、医療現場の仕事などを高校生や中学生に伝える説明会を行う機会が多くあります。受験者や入学者の事務手続き、広報業務も担当させてもらっています」と小関さん。

 

仕事で心掛けているのはプラス志向であることでしょうか。私自身、失敗もするし、2度の転職もありましたが、何でもマイナスと考えずプラスの方向で考えていけばどんどん可能性につながる、未来が拓けてくると思っています。
私は仕事が好きだし、働くのが好きです。楽しいんです。人と話をして、自分も学ぶ、伝え合うことでお互いが変わる。辛いこと、大変なことが全くないわけじゃないけど、いつも前向きでいたいですね。
この大好きな新潟で、さらに学んで自分自身の仕事の幅も広げていきたい。そして、若い人たちや地域に少しでも役に立つことができたら…と願っています。


小関高嗣(こせき・たかし)
1986年北海道函館市生まれ。駒澤大学経済学部卒業。乳製品業界の会社、人材紹介会社を経て2018年8月学校法人国際総合学園入社、ICM国際メディカル専門学校事務局に着任、現在に至る。


ICM国際メディカル専門学校
http://www.icm-net.jp/

〒950-0914 新潟県新潟市中央区紫竹山6-4-12
入学相談室・フリーコール:0120-287-431
TEL:025-255-1511 FAX:025-255-1512
臨床工学技士科、看護学科、鍼灸学科、診療情報管理士学科、医療事務総合学科を備えたの総合医療の専門学校。

この記事に関するNSGグループの取り組みはこちら

シェア