“新潟発”の仕事をしたくてUターン。可能性を感じて入社した職場で仕事に子育てに奮闘中!

2019.09.3 Tue

 日々の“大変”は当たり前(笑)
小さな目標達成の積み重ねで今がある

入社してすぐの仕事は、アップルアートカレッジ(現・国際音楽・ダンス・エンタテイメント専門学校)内の別科・タレントスクール事業の企画・運営です。新卒で入社したてでしたが、いろんなことを任せていただいて嬉しかったですね。ただ、自分の力が仕事に追いついていなかったから、とにかく大変だったし、当時は「この山を越えたらもう辞めよう!」と思うこともしょっちゅうでした(笑)。でも、さまざまな経験を乗り越えたことで、多少とも成長できたのかな、と思っています。
結婚して子どもが生まれて、「大変でしょう?」と言われましたが、仕事が “大変”なのは当たり前(笑)。日々訪れる大変なことを、どう解決していくか、というのが仕事だと思います。今はこの課題を解決しよう、今はこの問題をクリアにしよう、そうやってがむしゃらに目標達成を積み重ねてきたという感じですかね。
その過程で、ただ自分ひとりで背負い込むのではなく、周囲と協力して仕事を進めること、チーム全員に情報を共有することで、指示待ちではなくチームの一人ひとりが判断力や問題解決力を身に付け、発揮していってくれることも学びました。

この記事に関するNSGグループの取り組みはこちら

シェア