櫛形ゴルフ倶楽部を率いる女性支配人 「人から得る刺激が、仕事へのエネルギーに」

2018.09.20 Thu

新潟市から車で約45分、胎内市にある「櫛形ゴルフ倶楽部」は1994年に誕生。
2010年より株式会社ゼルコバが管理・運営し、美しい四季の移り変わりと挑戦意欲をかき立てるコース設計が魅力のゴルフ場です。

今年1月に支配人に就任した渡辺真美さんは、ゴルフ倶楽部開業以来初の女性支配人。明るくパワフルでいて、細やかな気配りも忘れない渡辺さんに「働く」ということ、そしてゴルフ倶楽部への思いを聞きました。

帰郷、そして地元に誕生したゴルフ場に就職
「実はゴルフのこと…全くわからなかったんです(笑)」
地元は胎内市(旧中条町)で、結婚してからは夫の転勤などもあり県外で生活をしていました。印象的だったのは茨城県・つくば市にいた頃で、子育てをする中でたくさんの人に出会い、新たな気付きや価値観を得ることができ、そこでの2年間は人生の中で貴重な時間だったと思っています。「一期一会」の大切さを知ることができました。
その後家族と共に帰郷し、ちょうどそのタイミングで櫛形ゴルフ倶楽部オープンに向けた開拓が始まっていて。
ゴルフのことは全くわからなかったのですが「ここで働いてみたい」と思い、当時ゴルフ場を開拓していた建築事務所の総務で働き始めました。
ヘルメットをかぶって現場に同行したのがもう約25年前の出来事…感慨深いですね。

開業してからはゴルフ場の運営会社の方に移り、広報、営業的な業務に携わったり、ボール拾いをしたりと何でもやりました。とにかく、目の前の仕事を一生懸命にやってきましたね。そして2010年には現在の株式会社ゼルコバに運営が変わり、2014年に副支配人に。そして今年からは支配人を任せていただくことになりました。最初は正直、悩みました。自分はどちらかというと上に立つよりもサポートの方が向いていると思ったのですが、家族の後押しもあり、挑戦することに決めました。

「できない」ことは「できる」に変える
楽しみながら達成感を得ることが大切
ゴルフ場運営に携わる中で、初めての業務が本当にたくさんあったのですが、基本的に「できないことはない」と思っているので、接客の勉強をするためにセミナーを受講したり、ビジネス電話検定に挑戦したりしました。自分がスキルアップして、「できない」が「できる」に変わっていくことに楽しさを感じます。ですが、反対に「頼るところは頼る」ということも大切にしていますね。例えば、コース管理などはプロのスタッフがいます。そういった部分は信頼するスタッフに任せていますし、誰か一人ではなく、皆で一緒にこの「櫛形ゴルフ倶楽部」を作っているということを伝えています。

また、地域の納涼会やコンペなど、地元の方と交流する場にも積極的に参加しています。「一期一会を大切に」というのが私のモットーで、出会いの中にゴルフ場をより良くするためのヒントが隠れていることもあります。アンテナを常に張って、新しいイベント企画のアイデアなどに役立てていますね。アンテナを張るといえば、息子二人は今東京にいるのですが、日常会話の中で「東京の感覚には負けないぞ」となぜか対抗意識を燃やしてしまうこともあります(笑)
家族、地域の方、友人、そして初対面の方…人から刺激を受けることがとても楽しいですし、仕事へのエネルギーに変わるんですよね。

「ここでしか得られない非日常体験を」
お客様に一番に選んでもらえるゴルフ場へ
このゴルフ場は四季の移り変わりが本当に美しく、少し先には海も見えるという好ロケーションです。景観を楽しみに来てくださるお客様もいらっしゃいますね。この豊かな自然は胎内の財産なので、ゴルフ場を通して地域の魅力発信も少しお手伝いができたらと考えています。

春は美しい桜を楽しみながらコースを満喫

 

また、お蔭様でリピーターの方も増えてきているので来るたびに新鮮さを感じられるようなイベント企画、ロビーのディスプレイも工夫しています。ここは女性の多い職場なので、パウダールームへの配慮など女性目線の細やかな部分も大切にしていますね。
常に「お客様が求めているものは何か」というところを素早くキャッチして、「また行きたいな」と思ってもらえるようなゴルフ場を目指していきます。

浴室も快適に過ごせるよう配慮されている。

 


渡辺真美(わたなべ・まみ)
1960年胎内市(旧中条町)生まれ。夫の転勤で県外生活を送った後、家族で胎内市に帰郷。
当時、櫛形ゴルフ倶楽部を設計していた建築事務所に就職し、1994年開業後は運営会社に移り、広報・営業業務などにも携わる。2010年より、株式会社ゼルコバが櫛形ゴルフ倶楽部を運営し、2018年1月に櫛形ゴルフ倶楽部支配人に就任。
「お客様に一番に選んでもらえるゴルフ場」を目標に掲げ、イベント企画や満足度アップのための従業員教育など、さまざまな取り組みを行っている。

【休日の過ごし方】
雑貨屋やパン屋巡りが好きですね。最近はちょっとできていないのですが、落ち着いたら再開したいです。また、ミュージカルや音楽コンサート、美術展で作品や舞台に触れる時間がとても好きで、気持ちがリフレッシュします。こうした予定を立てることが、仕事の原動力になったりもして。楽しみがあると、さらに頑張れる気がしますよね(笑)

櫛形ゴルフ倶楽部
新潟県胎内市小牧台900
TEL/0254-43-7200  HP/http://kushigata.zerukoba.com/

【オープンコンペ情報】
オープンコンペはどなたでも参加可能。豪華賞品を多数ご用意しております。
※ハーフコンペは表彰はございません。お帰りの際、フロントで賞品をお渡しします。

日程 コンペ名 競技方法 内容
10月3日(水) 秋の支配人杯 9H新ペリア 定員80名
10月8日(月) 丸大オープンコンペ 9H新ペリア 定員140名
10月19日(金) チェリーカップ(レディースコンペ) 18H新ペリア 女性限定 定員24名
10月24日(水) くしがた杯 9H新ペリア 定員80名

詳細は(http://kushigata.zerukoba.com/compe.html)へ

【レストラン情報】
レストランには、秋メニューが登場。胎内の美しい景色を眺めながら、秋の味覚を堪能してください。そのほか、人気の「牛スジ鉄板焼き」や「自家製玉子焼き」などおつまみメニューも豊富です。

くしがた弁当  1,500円(税抜き)
カキとサーモンのフライ定食 1,500円(税抜き)

 

詳細は(http://kushigata.zerukoba.com/restaurant.html)へ

 

この記事に関するNSGグループの取り組みはこちら

シェア