生産から販売まで、実践が将来の力に! 食の楽しさを発信する学生カンパニー【食娯楽(しょくごらく)】

2019.08.10 Sat

新潟農業・バイオ専門学校(以下ABio)に2017年7月に誕生した「食娯楽」。
学生たちが企画から生産、販売までを手掛ける模擬会社で、イベント出店や企業コラボレーションなどの活動を行っています。

ABioには農業・食品・環境・園芸分野のプロを目指す学生たちが全国から集まっています。この「食娯楽」は現在、農業経営科(4年制)と農業経営科マネジメントコース(2年制)の学生たちが運営。
以前までは、生産・販売はインターンシップを通じての体験が中心でしたが「リアルな農業経営を一貫して学べる実践の場を作ろう」と2年前に模擬会社を設立しました。
学内投票で決まった「食娯楽」という社名には、食を‟娯楽=エンタテイメント″として楽しんでもらい、お客様に新しい価値を提供していきたいという思いが込められています。

この記事に関するNSGグループの取り組みはこちら

シェア