異文化体験がデザインにもたらすもの。NCAD新潟デザイン専門学校×アメリカのモンセラート美術大学。学生が互いに刺激を受ける国際交流

2017.07.4 Tue

異文化のデザインに触れる機会を

2017年5月23日から6月14日までの約3週間、新潟デザイン専門学校にアメリカのモンセラート美術大学から学生18人と教員3人の総勢21人が来訪し、日本のデザインや日本文化を学びました。

モンセラート美術大学と新潟デザイン専門学校は、1990年に教育提携の協定を結び、両校の国際交流は今年で19回目を数えます。

 

日本には日本らしい色づかいやデザインの特徴がありますが、外国にはまたその国独自のデザインの特徴があります。新潟デザイン専門学校では、学生が外国の文化に触れることで新たな発見や創作活動の幅を広げ、グローバルに活躍する人材が育つことをねらい、この交流を続けています。

シェア