趣味で訪ねた新潟で見つけた思わぬ縁 教育ビジネスへの熱い思いとともに新潟へ

2019.11.8 Fri

入社3年目。手探りで見つけた大切なこと
生徒に寄り添い、そして可能性を広げたい
入社後は、小・中学生に学習指導を行うNSG教育研究会で主に英語・国語・社会を担当しています。学習塾の現場は学生時代のボランティアとは全く環境が異なっていて、最初は手探りの日々でした。目の前にいる生徒たちは、一人ひとり考え方もやる気も異なります。当初は、皆をいかに同じモチベーションにさせるかということに必死で、一方通行な指導になってしまい、うまくコミュニケーションがとれていない場面もありました。
「何がダメだったのか…」と悩む日々もありましたが、ある時に、彼らとしっかり向き合い、話を聞き、思いを受け取るということが大切だということに気付いて。顔を見て授業をしているつもりが、実際のところちゃんと向き合っていなかったんだと思い反省しました。
それからは生徒の表情からつまずきやすいポイントが読めるようになり、説明の仕方も工夫できるようになって。今も生徒の目線を持ちつつ指導することを大切にしています。

やりがいを感じる瞬間は、生徒が志望校に受かることももちろんですが、どんな些細なことでもそれまでできていなかったことができた瞬間に立ち会えた時ですね。例えば宿題をいつも忘れてくる生徒が、しっかり提出するようになったり。自宅での勉強を嫌がっていた生徒の意識が、面談を通じて変わったり。学力面と同じく、精神面の変化を日々感じられるのはこの仕事の喜びだと思います。

今年度は中学2、3年生の担任となり、入社して初めて担当の生徒を高校に送り出します。彼らが気持ちよくその日を迎えられるよう、残り数カ月しっかりと指導し、次なるステージへと進む姿を見届けたいと思います。

学習塾は、生徒たちの学力向上の場としてはもちろんですが、ここでの学びを通じて何か将来に繋がるきっかけを見つけられる場になったらと思っています。そして、そんな場所を私自身も上司や同僚と一緒に作っていきたいです。


蓬田健人(よもぎた・けんと)
1993年生まれ、栃木県出身。早稲田大学文学部英文学コース卒業。大学在学中に受験生向け無料web授業サービスを行うボランティア団体に所属し、自身も講義を担当。この経験もあり、就職活動では教育ビジネスに関わることを志し、プライベートでも何度か訪れていた新潟でNSGグループを知り、エントリー。入社後は㈱NSGアカデミーが運営する学習塾NSG教育研究会へ。現在は教務及び校舎運営を担当。上越市役所前校にて主に小・中学生を対象に英語、国語、社会を中心に学習指導を行っている。


https://www.nsgac.co.jp/
「人は限りない可能性を秘めている」を教育理念に学習指導を行う。ライブ&クラス授業を行う「NSG教育研究会」、完全1対1の個別指導「NSG PLATS」、IT授業を駆使した大学受験予備校「NSGアカデミー 東進衛星予備校」を運営。
成績アップや志望校合格の目標と共に、勉強や受験を「子どもたちが成長するために必要な題材」と捉え、子どもたちを正しく成長させる場であるべく教育活動を行っている。

 

 

この記事に関するNSGグループの取り組みはこちら

シェア