2月2日(土) 新潟医療福祉大学で「スポーツ傷害予防フェスタin NUHW」を開催

2019.01.29 Tue

新潟医療福祉大学は、スポーツ庁の委託事業「大学スポーツ振興の推進事業」の一環として、「スポーツ傷害予防フェスタin NUHW(※)」と題し、地域のミニバスケットボールチームを中心とした指導者、選手、保護者への講義および実技講習、そしてバスケットボールクリニックを実施いたします。
また、本イベントは、委託事業のうち、「スポーツ傷害予防フォーラムの実施」として行うものです。
(※)NUHW:新潟医療福祉大学

開催趣旨 :
人々が安全にスポーツを楽しみ、幸せな生涯を過ごすためには、傷害予防の推進は非常に重要です。本学が保有する「スポーツ科学」と「リハビリテーション科学」の知見を活かし、地域のスポーツ傷害予防を推進する活動の一環として、新潟県内のミニバスケットボール選手及び指導者、保護者に対して、スポーツ傷害予防の研修会を開催し、地域のQOL(※)の向上を目指すものです。
(※)QOL=Quality of Life(生活の質)

 

●開催概要 :
日時:2月2日(土)10時開始( 9時30分受付開始 )
場所:新潟医療福祉大学 Q棟2階講義室 ・第3体育館 〒950-3198 新潟市北区島見町1398番地

◆タイトル :「スポーツ傷害予防フェスタin NUHW」
〇第1部 講義 : 「小学生の身体とミニバスケットボールのけが」 10:10~10:40
新潟医療福祉大学 健康スポーツ学科 教授 大森 豪 氏

〇第2部 実技講習 : 「傷害予防に効果的なストレッチング」 10:50~11:50
新潟医療福祉大学 理学療法学科 講師 菊元 孝則 氏

〇第3部 実技講習 : 「バスケットボールクリニック」 13:00~15:00
新潟医療福祉大学
男子バスケットボール部 監督 梅津 卓 氏
女子バスケットボール部 監督 寒河江 功一 氏
本学 男子・女子バスケットボール部学生

 


ホームページ/https://www.nuhw.ac.jp/
〒950-3198 新潟市北区島見町1398番地
TEL:025-257-4455(代表) FAX:025-257-4456
時代が求める「優れたQOL(※)サポーター」を育成。保健・医療・福祉・スポーツ分野の6学部13学科で「チーム医療」を学ぶ。
(※)QOL=Quality of Life(生活の質)

 

本件に関するお問い合わせ
【連絡先】 新潟医療福祉大学 TEL.025-257-4459  FAX.025-257-4456
入試広報部 広報課 中原 英伸

この記事に関するNSGグループの取り組みはこちら

シェア