NSG夏フェス「お仕事体験&大学園祭2017」。約42,000人が集まり盛況に開催

2017.07.26 Wed

新潟県内に 27 の専門学校を展開する NSG カレッジリーグ(URL:http://mydreams.jp/ )は、『NSG 夏フェス[お仕事体験&大学園祭 2017]』を朱鷺メッセ(新潟市中央区)で 7 月 15・16 日の二日間にわたって開催し、昨年を上回る約 42,000 人(昨年の来場者数:約 40,000 人)を集めて、大盛況のうちに幕を閉じた。

同イベントは進学を検討している高校生を対象としたもので、NSGカレッジリーグ27校は、それぞれブースで学科・コースに即した 100 に及ぶ職業が体験できるコーナーを設けたほか、各校のキャンパスライフの魅力に触れてもらえるよう、在校生による模擬店やファッションショー、ミスター/ミス NSG コンテストなども、同時に催された。
メインステージでは旬のお笑い芸人や御当地アイドル「Ryutist」、韓国の若手グループ「ROMEO」等のライブが開催され会場を盛り上げた。
今年度は、集客策として Twitter や Line@等の SNS を積極的に活用してきたこともあり、イベント開催中に来場者の多くがその模様をSNSにアップする姿が見受けられた。特にTwitterでは「#NSG夏フェス」というハッシュタグが開催中に 7 度もトレンドとして取り上げられるなどしており、ネット上でも多くの注目を集めるイベントとなった。
NSG カレッジリーグでは各専門学校の魅力を伝えるため、これまでも各校で Youtube チャンネルを設けて動画の積極的な公開をしてきたが、今後もオープンキャンパスや学校説明会などのリアルイベントと SNS などのネット戦略とを組み合わせて、新潟県内外の高校生に対して各校の魅力を積極的に配信していく予定だ。

【NSG カレッジリーグ】http://mydreams.jp/
NSG カレッジリーグは、新潟県新潟市中央区に本部を置く日本最大級の専門学校グループ。
新潟県内に展開する全27 校の学科を合わせると210 学科(243 コース)にもなり、文部科学省が分類する 8 つの分野(工業、農業、医療、衛生、教育・社会福祉、商業実務、服飾・家政、文化・教養)をすべてカバーしている。また学生は新潟県内のみならず、全国47都道府県の高校生のほか、社会人、大学、短大の卒業者などの入学が毎年増加している。特に近年では中国、香港、韓国、フランスなど 18 ヵ国からの留学生の入学も上昇傾向にある。

【NSG 夏フェス[お仕事体験&大学園祭 2017] 開催概要】


URL: http://nsg-event.jp/
名称:NSG 夏フェス[お仕事体験&大学園祭 2017]
会期:2017 年 7 月 15 日(土)・16 日(日)10 時 00 分~17 時 00 分会場:新潟朱鷺メッセ 入場料:無料 来場者数:42,000 人(2 日間延べ人数)
主催:NSG カレッジリーグ・NSG カレッジリーグ校友会総連合会
【NSGカレッジリーグ「夏フェス」 各学校ブース紹介】

≪新潟公務員法律専門学校≫
在校生と卒業生がタッグを組んだ集落活性化!
新潟県内19市町村と連携し、学生が市町村のハッピを着て観光課職員となり地域の魅力を発信する「なんじゃこりゃ新潟」を開催。観光パンフレットの展示とその内容から起こしたカルトクイズを実施し、クイズ参加者にはガラポン抽選でご当地景品をプレゼントした。2日間で860名の来客があった。このイベントで佐渡市を担当した公務員は偶然にも平成20年度卒業生の岩崎陽平さん(佐渡市地域振興課在籍)。「後輩が佐渡を応援してくれて嬉しかった。こんなに大勢のお客様の前で若者が主体的にPRしてくれる機会はそうそうない。今後も機会があれば是非学校と連携していきたい。」とコメントしてくれた。在校生の田内虎太郎は、「地域の隠れた特色に興味を持ってくれた方が大勢いたことが嬉しかった。中には自分が考えて用意した観光PRクイズ11問をすべて解いてくれた方もいた。少しでも新潟の活性化に繋がれば嬉しい。」夢は地域を大事にする公務員。

シェア