NSG夏フェス「お仕事体験&大学園祭2017」。約42,000人が集まり盛況に開催

2017.07.26 Wed

≪国際ビューティモード専門学校≫
20 分間にかける情熱!感動のヘアメイクショー
ヘア・メイク・ネイル等美容系の当校は、メインステージで「ヘメイクショー」を実施。この大舞台に出場した学生は、校内コンテストで選抜された限られた学生15名。選抜メンバーとしての重圧を抱え、本番までの期間「ヘア・メイク・ネイル」のトレーニングに取組んできた成果を本番の『20 分間に爆発』させました。ステージ終了直後、緊張感からの解放でモデル・技術者共にその場に倒れ込み、達成感からの感動で“笑顔”で大粒の涙を流す。美容の主役は、あくまで「お客様でありモデル」学生達は、この経験を通じて更に成長していく。
メイクを担当した2年生高山さんは、「最初はとても不安でした。練習を重ねていくにつれ自信がついてきて、練習が楽しくなってきました。当日は緊張で手が震えましたが、メイクも綺麗にできました。観客席からの歓声が嬉しく、頑張ってよかったし、このステージに立てたことをとても誇りに思います。学生生活最後にとてもいい思い出ができました。」と語る。

≪長岡こども・医療・介護専門学校≫
注目のリラクゼーション療法「ハンドトリートメント体験コーナー」に連日大行列!
介護福祉科を有する当校では、今、話題の自然療法「ハンドトリートメント」体験コーナーを設置。「ハンドトリートメント」とはハンドケア・コミュニケーションと呼ばれる手による接触と会話によるコミュニケーションで施術する療法で、介護の分野だけでなく医療や美容の分野でも大いに注目を集めています。会期中に施術を担当した学生は33名。あまりの人気に施術する学生が疲れてしまう結果に・・・。
施術を担当した留学生のドゥ・マイ・ラン(ベトナム、介護科2年生)は、「大勢の人から上手いと褒められた。素直にウレシイ。行列(人気)がすごくてびっくりした。将来、日本で介護福祉士として働きたいのでとても良い経験になった。」とコメント。

≪長岡公務員・情報ビジネス専門学校≫
地域振興にひと役!地元企業と学園祭にブース出展
「地元の振興、発展に寄与する」をコンセプトに、毎年多くの卒業生を採用していただいている地元企業とサンプリングブースを出展。企業スタッフに商品の提供や、ディスプレイ、接客、サービス、販売、ラッピングのノウハウを事前に研修してもらい、学生スタッフは社員になりきってお客様対応にあたりました。
学生スタッフは「次々といらっしゃる来客に真剣に接していたら、いつのまにか本当に社員のような気持になっている自分に少し驚いてしまいました。すごく喜んでお帰りになる皆さんを見ていて、自分もウレシイ気持ちでいっぱいになりました。」とコメント。

 

≪新潟会計ビジネス専門学校≫
全国簿記電卓競技大会連覇の実力はハンパじゃない! 電卓早打ち秘技を伝授!
会計の仕事では欠かすことができない電卓の早打ち。実際の仕事では速さだけではなく、正確さも要求される。当校では、電卓の早打ち体験会を実施。3分間という短い時間の中で、より早く、より正確に電卓を打つためのコツなどを指導した。
小さい子どもから大人まで、電卓の奥深さを知ってもらう良い機会になった。
指導にあたった1年生高橋さんは「普段授業で心がけている事を中心に説明し、参加者が少しでも早く、正確に電卓を打てるようになってもらえとても嬉しく感じた。電卓早打ち体験を通じて、多くの人が会計の分野に興味を持ってもらえたらとても嬉しいです。」と語る。

≪国際トータルファッション専門学校≫
新潟から世界へ!卒業生で現役ファッションデザイナーの作品を披露!

新潟から東京、そして世界へ向けて活躍する当校卒業生の新人デザイナー野俣睦さんが在学中に制作した作品をメインステージのファッションショーで披露。在校生が卒業生の情熱を引き継ぎ、敬意評して作品をショーというカタチで来場者に披露した。ショー当日は本人も来場。在学時に作った作品を眺めながら後輩たちへアドバイスをし、服作りへの熱い思いを語ってくれました。
野俣さんコメント「このような大きな学園祭で私の作品を後輩たちが披露してくれた事に感激しています。デザイナーとして仕事をする今も勉強の毎日ですが、将来的には自分のブランドを立ち上げて世界に店舗を持つことが夢です。新潟で学んだ技術と知識をこれからも発信し続けていきたいです。」

≪新潟工科専門学校≫

建築業界最新CADソフトBIMによるVR体験!

2020年に東京五輪をむかえるにあたり、建築ブーム・インフラ整備など設計や施工における作業の効率化が求められ、社会的にもますます注目される最新CADソフト「BIM(ビルディング・インフォメーション・モデリング)」。このソフトの特徴であるVR変換機能を使い、建築物の内部を自由に移動しながらVR(仮想現実)体験できることができるコーナーを設置。

来場者に建築業界の最新VR技術体験を提供した。

関 美鈴さん(新潟工科専門学校建築デザイン科1年)コメント。「とてもすごいと思いました。ついつい騒いでしまいました。 3次元を含む図面を見るより建築の様子がとても分かりやすい。現在授業でBIMを学んでいますが、是非自分が設計した建築をVRで体験したいと思います。」

 

≪新潟コンピューター専門学校≫

人気アニメ「DIVE!!」とコラボ!飛込競技を VR で体験!

水泳の飛込競技を舞台とした人気アニメ「DIVE‼」とコラボレーションしたVRソフトを設置。高さ10メートルからの飛込やキャラクターとの会話を来場者に体験してもらった。ゲームクリエーター科を有する当校では、まだVRを実際に体験したことのない方が多いため、「仮想現実」という世界を多くの方に体験してもらおうと、今回この体験会を実施。実際に体験している方はいくらVRとは言え、10メートルの飛込台から飛び降りるだけあって、悲鳴を上げている方もいたが、皆さん楽しそうに体験をしていた。

ゲームクリエーター科プログラムコース 3 年生 藤原くんコメント

「VRを初めてプレイする人のサポートがしっかり出来ました。来場者にVRを楽しんでもらえて良かったです!」

シェア