ICT、デジタルの力で社会の発展や持続可能性の追求に貢献する。

2020.12.30 Wed

2020年4月にNSGグループに新設された部署であるX-Tech推進室。DX(デジタルトランスフォーメーション)などの言葉が様々なビジネスにおいて叫ばれる現代において、NSGグループのデジタルシフトを担う部署として誕生しました。
X-Tech推進室は、様々な事業を展開する NSGグループの各事業を横断的にとらえて、ICT化の推進における課題解決やグループがこれまで積み重ねてきた様々なノウハウをIT技術 によって、より価値のあるものに進化させること、また新たなビジネスを創出するという役割を担っています。
※「X-Tech=クロステック」X-Techの定義は様々であるが、「既存の産業(事業 にITの 力を活用することで、今までにない新たな価値や仕組みを生み出すこと」である。

そのX-Tech推進室の室長である猪俣昇室長にお話を聞いてきました。

 

これからの時代に「必要」になる教育の在り方を考え、作っていく。

X-Tech推進室の現在の取り組んでいるものの一つに、グループの中核事業の一つである教育分野のICT化の推進があります。
NSGグループの大学や専門学校などの職業教育では、技術指導はもちろんのこと、各種検定においても全国でトップクラスの合格実績を継続的にあげています。
そういったこれまで培ってきた指導ノウハウやそこから生み出された各種教材などを今後デジタル化し、そこにさらにAI技術などを用いることで、学習者の理解度に応じた学習(アダプティブラーニング)の実現を目指して、現在グループ各法人と連携を図っています。
こういった教育のICT化によって、学習者へは学習しやすい環境を、指導者側には指導力を最大限活かせる場を提供できるはずです。

今後、5Gなどの通信環境の変化、また新型コロナウイルスの影響による新しい生活様式の一般化に伴い、教育業界におけるコンテンツや学習環境が劇的に変化することは間違いありません。

5Gの通信技術を活かしたVR教材や、遠隔地においても同空間にいるかのようなバーチャル教室を活用した教育コンテンツの構築について進めていくことも計画しています。

新たな時代の到来、持続可能な教育ビジネスといった観点でも、我々のミッションは今後非常に重要な要素になるものだと考えています。


この記事に関するNSGグループの取り組みはこちら

シェア